> エルメネジルド・ゼニア入門 > 日本の中のゼニアスーツの歴史

日本の中のゼニアスーツの歴史

現代のビジネスマンにとって、スーツは欠かすことのできないアイテムです。そのスーツを日本で着るようになったのは、いつごろでしょうか?また、日本でゼニアスーツがその名を知られるようになったのはいつごろなのでしょうか?

history01

日本でのスーツ着用が始まった時期についてはさまざまな説がありますが、有力なのは、西洋の文化が入り始めた幕末から明治時代にかけて、という説です。西洋人との交渉事の際、相手と同等の服を着るほうがよいという理由から、イギリスが「背広」として日本に紹介したラウンジスーツを着用するようになりました。これは燕尾服を改良・簡略化したもので、日本でのスーツの原型と言われています。文豪として名高い夏目漱石がスーツを着用して写っている写真がありますが、この時のスーツがまさに「ラウンジスーツ=背広」なのです。

日本で「背広=スーツ」が一般的に広まったのは、大正時代に入ってからのこと。日本でのスーツのほとんどは、イギリスのスーツを見本にしたものでした。この当時、スーツはすべて手作業で作られており、仕立てに2〜3ヵ月もの期間を要したようです。

昭和30〜40年代(1955〜1974年)には高度経済成長期と言われる時期を迎え、多くの産業で機械化が進みました。スーツ界もこの流れに乗って、新しいタイプのスーツを登場させました。すなわち、手軽に購入できる既製品のスーツと、デパートなどが個々の顧客の体型に応じて2〜3週間で完成させる「イージーオーダー」スーツの2つです。これらに加えて、昭和40年代に出現したスーツ量販店では、より安価にスーツを買い求めることができるようになりました。

日本に初めて登場したゼニアスーツ
そんな中、昭和52年(1977年)に、ゼニア・ジャパンが創立されました。いよいよゼニアが日本のスーツ界に登場したのです。創立当時のゼニア・ジャパンは、服地の輸入卸と販売を行なっており、デパートでもゼニアの生地を取り扱うようになっていましたが、既製品はまだ扱っていませんでした。また、この時はまだ、日本でのスーツの主流はイギリスをモデルにしたものでした。

それから約10年、日本のスーツ界に大きな変化が起こります。それが、イタリアの代表的な有名ブランド「アルマーニ」の登場です。バブル絶頂期の昭和62年(1987年)に既製品として上陸したアルマーニは、イギリスのモデル一辺倒だった日本のスーツに、イタリアのモデルという新しい旋風を巻き起こしました。これにより、日本では「Made in ITALY」のスーツや生地が広く取り扱われるようになり、イタリアンモデルも日本国内で幅広い人気を得ていきます。

平成8年(1996年)秋、ゼニアでは、直営店であるフラッグシップショップを銀座の地に開店しました。ゼニアオリジナルのスーツラインであるローマラインも、この店舗のオープンにより日本に紹介されましたが、この当時はイタリア人の体型に合わせたサイズであったため日本人が着こなすのは難しく、アルマーニのようにゼニアの認知度が高まることはありませんでした。アルマーニが流行させたゆったりしたシルエットに比べて、ゼニアスーツは細身でウエストラインを絞ったデザインだったこともあり、当時の日本国内での評価は芳しいものではなかったのです。

急速に高まるゼニアスーツの認知度
しかし、ゼニアスーツがある男性ファッション誌の特集のメインとして取り上げられたことから、ゼニアスーツへの注目が集まり始めました。この特集記事の掲載後3〜5年ほどの間に、ゼニアスーツは日本での認知度を急速に高めていきます。
そんな中、ゼニアでは、平成13年(2001年)にフラッグシップショップの2号店を渋谷に開業しました。その後、90年代後半〜2000年代に国内のファッションの傾向が変わったこともあって、ゼニアスーツはさらに注目を集めるようになりました。
90年代半ばあたりまで、日本国内ではゆったりとしたルーズスタイルが流行していました。
ビジネスシーンではアルマーニのスーツに代表されるソフトなスタイル、カジュアルでは「ストリート系」「ヒップホップ系」といったアメリカンテイストのスタイルが人気を集め、男女ともにルーズなシルエットの服を好んで着る時代でした。
96年に入ると、こうした流行に変化の兆しがあらわれます。女性向けのファッションでは、女性らしさを強調するスリムなスタイルと、ローライズやスキニーのジーンズのようなコンパクトなシルエットに人気が集まるようになりました。それにやや遅れる形で、男性のファッションにもスリム系への変化が見え始めました。
このように、流行のシルエットが変わったことで、スーツ界でも、ゼニアによって提唱されてきたタイトなシルエットが注目されるようになったのです。
ゼニアスーツはその後も、国内で世代を問わず評価されるようになり、各界のVIPがこぞってゼニアスーツを着用する姿も見られるまでになりました。その背景には、雑誌で特集されたことや流行の移り変わりなどの影響はあるものの、まず第一に、ゼニアならではのファッション性と生地そのものの品質が他ブランドの追随を許さない高いレベルにあることが挙げられるでしょう。現代の日本において、ゼニアスーツは、一時的な流行に左右されることのない、信頼のおけるブランドの一つとなっています。

ゼニアスーツのラインの変遷について、少し触れておきます。
最初にリリースされたのは、適度に絞ったウエストと構築的な肩のラインが印象的なローマライン、そしてその後、シャープなウエストとソフトな肩のラインが現代性を感じさせるミラノラインが誕生しました。
2011年には、トリノラインが登場。トリノラインは、イギリスモデル独自のスタイルを保ちつつ肩幅とチェストを強調することで男性らしさを印象づける、魅力的なラインです。このトリノラインのリリースにより、ローマラインは姿を消しますが、一方でミラノラインは、ラインの流行の移り変わりの中でも消えることなく、ゼニアスーツの中で代表的な位置を保ち続けています。
今後のゼニアスーツにおいても、新たなラインが生み出され、日本国内での人気をますます高めていくことが期待されます。

history02

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)