> ゼニア徹底考察 > ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて

ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて

ゼニアのスーツに使用されている生地には、すべてにゼニアブランドのラベルが付いています。そのラベルには、「CLOTH」「Ermenegildo Zegna」という文字と、「TROFEO(トロフェオ)」「TRAVELLER(トラベラー)」などのレーベル名が記されています。中でも「ELECTA」や「TROFEO」、「HIGH PERFORMANCE」には登録商標のマーク(Rを丸で囲んだもの)も付いています。

ゼニアは、レーベルの質において「右に出るものがない」とまで言われているトップブランドです。そのレーベルは、どれもが時間をかけてようやく世に送り出されます。各々の生地は個性的で、およそ同じブランドとは思えないほどバラエティーに富んだ印象の生地がそろっています。

商標としてレーベル名を登録していたり、スーツに付けるラベルにもレーベル名を刻んでいるのは、ゼニア社の「あなたのスーツはイタリアが認めた信頼性の高いレーベルで作られている、ゼニアのスーツなのです」というスーツオーナーへのメッセージ。愛着と誇りを持って着こなしてほしいという、自信に満ちあふれたゼニアの想いを感じることができます。ゼニアのスーツにおけるラベルには、ブランド名を示すという役割以上のものが込められているといえます。

ゼニアの赤ラベルと青ラベルの違い

label01このラベルには、青いラベルと赤いラベルの2種類があります。ゼニア社の生地には、春・夏・秋の3シーズン用の生地と、秋・冬・春の3シーズン用の生地があり、以前ゼニアがそれほど知られていなかった頃には青いラベルが春夏用の生地、赤いラベルが秋冬用の生地を言われていたこともありました。しかし、もしそうであれば、夏の代表的なレーベルである「TROPICAL」は青ラベル、冬の代表的なレーベル「ELECTA」は赤ラベルとなるはずですが、実際はそうではありません。
ではこの色の違いには、どんな意味があるのでしょうか?

生地用途と流通ルートで異なるラベルの色

ゼニア社のスーツ用生地は、800種類以上のものが毎シーズンに企画され、発表されます。800種は、人気の高い定番生地と、その年の流行りを先読みし提案される新しい生地を合わせたものです。ただ、これらすべてが日本に入ってくるわけではないのです。

ゼニアのスーツ生地は、既製品専用とオーダー専用に分類されます。既製品専用の生地がオーダー用に使われることはありません。逆もしかり、オーダー専用の生地が既製品向けに使われることもないのです。ゼニア社には専門店で売られる既製品と、テーラーで仕立てられるオーダー服を明確に区別するというポリシーがあり、生地のテリトリーははっきりと区切られています。

label02

日本に入ってくるオーダー専用の生地はさらに、正規の輸入代理店であるゼニアジャパン株式会社を経たものと、そうでないものとに分かれます。

赤ラベルは、ゼニアジャパンの正規ルートで日本に輸入された、オーダースーツ専用の生地にだけつけられるのです。それ以外の生地(既製品向けの生地や別ルートで輸入されたオーダースーツ用生地)につけられるのが、青ラベルです。

審美眼を持って選びたいゼニアスーツ

国内外のメジャーなブランドが作るゼニアスーツには、青ラベルと合わせてそのブランドのタグがつけられていることが多くあります。例えばビームスやポールスミスなどの既製品スーツにもゼニア生地が使用されている場合があり、それらの裏地にはブランドタグと並んでゼニアの青ラベルがつけられているのです。

本来なら、どこの生地を使ったかを表すラベルは袖口に仕付け糸で縫い付けられ、着るときには外されるものです。しかし、生地のグレードの高さをアピールするために、多くのブランドが生地のラベルを裏地に付けています。

しかし、時折、スーツメーカーのブランドのタグが付いておらず、ゼニアの青いラベルだけが不自然に付いているスーツがあります。格安の通信販売などで売られているゼニアのスーツにこういったケースがあり、ほとんどはゼニア生地を使用しているだけで日本の既製品にならって作られたデザインのスーツだと思われます。もちろん、ブランドメーカーが作ったものではありません。

中には、青ラベルを後付けしたことが明白な詐欺品も存在します。スーツに元々あったであろうタグが外されて、ゼニアの青ラベルが雑な縫い方で付けられているのを見たことも何度かあります。ここまで来ると明らかに詐欺の域です。安売りスーツのタグをゼニアのラベルに付け替え、ゼニアのスーツとして高値で売っているところもきっとあるのでしょう。「ゼニアスーツを修理に出したい」と持ち込まれたスーツを分解してみたら、ポケット内側の補強材やパンツの裾裏などに日本の生地メーカー名が記された生地の端(「耳」と言います)が見つかったこともあります。着用者はこんな偽物のゼニアスーツにどうやって巡り会ってしまったのでしょう。こんなケースを見かけると、「ゼニアのスーツ」として丁寧に着用されている方が気の毒に感じられてくるのです。テーラーとして、許せない気持ちにもなります。

話は戻って、既製品向けかオーダー向けか、輸入ルートが正規かそれ以外かの違いはあるものの、生地の品質面では赤ラベルも青ラベルもイタリアのゼニアの基準に沿って合格点が与えられた上質な生地の証拠です。どちらもイタリアのゼニアが生産した生地ですから、青ラベルと赤ラベルに、どちらが優るといった品質の違いはありません。ゼニアスーツのオーナーとなるなら、こういったラベルが付いている意味やラベルの色の違いを知ったうえで、本当に美しく上品なものを見極められる目でスーツを選んでほしいと思います。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)