> ゼニアFAQ > ゼニアスーツのストライプの特長とは?

ゼニアスーツのストライプの特長とは?

Q:ゼニアでストライプ柄のスーツを仕立てたいと考えていますが、種類がたくさんあり、どんな柄を選んだらいいのかよくわかりません。ストライプ柄の種類や、ビジネスシーンでの着こなし方を教えて下さい。

A:ゼニアのストライプには、さまざまな種類があります。そこでまず、代表的なストライプの柄についてご説明しましょう。

・チョークストライプ

チョークで線を引いたようなやや太めのストライプです。縞の輪郭がかすれたようになっているのが特徴です。かすれ具合が分かるよう、黒や紺、グレーなどの濃い色の生地がベースとなることが多いようです。
例:ゼニア トラベラー春夏 NO1680-1105
faq04_01

・ペンシルストライプ

チョークストライプよりもう少し細い、鉛筆で線を引いたような細さのストライプです。チョークストライプと違い、輪郭がはっきりしているのが特徴です。
例:ゼニア トラベラー春夏 NO1680-1024
faq04_02

・ピンストライプ

ペンシルストライプよりさらに細いストライプです。ストライプが、細かな点線になっていることが特徴です。この細かな点をピンの頭になぞらえて、「ピンストライプ」と名付けられました。
例:ゼニア トロフェオ春夏 NO2630-0613
faq04_03

・オルタネイトストライプ

2種類のストライプが交互に入ったストライプ柄です。ストライプの太さや色などが変わると、印象も大きく変わります。
例:ゼニア クールエフェクト NO166-2645
faq04_04

これらのストライプは、異なる色の糸を用いることでストライプを表現しています。しかし、中には糸の色を変えずにストライプを表現するものもあります。それが、シャドーストライプです。

・シャドーストライプ

撚り方の違う糸を用いることでストライプ柄を織り出します。
糸は、原毛から取り出した繊維を撚ってつくりますが、右方向に撚るか左方向に撚るかで、同じ方向から光を当てたときの糸の光沢感が変わります。シャドーストライプは、この光沢の差を利用したストライプ柄です。一見無地に見えるけれども角度によってストライプが浮き出るように見えるのfaq04_05が特徴です。
例:ゼニア トロフェオ春夏 NO2630-0724

このようにゼニアの「ストライプ」にはさまざまな種類があり、色やストライプの細さで印象は大きく変わります。したがって、ストライプの柄を選ぶ場合には、生地の持つ「印象」が、そのスーツを着るTPOに合っているかを考えてみましょう。

TPOに合わせてストライプを選ぶ

たとえば、ストライプの幅が広く、地の色とのコントラストがはっきりしたものを選ぶと、個性的な印象を与えることができます。このようなスーツであれば、クリエイティブな職業の方やプレゼンやセミナーをする方など、自分を強く印象づけたい方にはぴったりでしょう。
ストライプの幅が狭く、地の色とのコントラストもそれほどはっきりしていないものであれば、無地に近い印象を与えます。落ち着いたイメージを与えたい方や、誠実感を感じさせたいような場合にはこちらのほうがおすすめです。
1枚あればさまざまな場面で使えるストライプが欲しいのであれば、シャドーストライプをおすすめします。シャドーストライプは、見る位置や光のあたり方によってストライプが浮き出たり、目立たなくなったりして、生地の表情がさまざまに変わるおしゃれな柄です。一見無地にも見えるため、ビジネスシーンから改まった席(弔問時は除く)までお使いいただくことができる万能スーツを作ることも可能です。
また、ゼニアのレーベルの中には、糸の撚り方ではなく織り方を変えてストライプを表現しているものがあります。その代表的なものが「エレクタ」です。
エレクタには「混合織り」という織り方が採用されています。生地には、「平織り」や「綾織り」など、織り方の種類がいくつかあります。織り方が変わると、ツヤ感や光沢感が変わります。この織り目やツヤ感の違いで、ストライプを表現しているわけです。
違う種類の織り方を混ぜて生地を織る「混合織り」は、安定性が低い、つまり型崩れを起こしやすいことから、洋服の生地にはあまり使われることはありません。しかし、エレクタには、丈夫で安定性の高い糸が使われているので、混合織りをしても型崩れしにくい生地を作ることができるのです。(エレクタについて、詳しくはこちら)
ストライプのスーツをビジネス用にお仕立てになる際は、テーラーに、どのような印象を与えるスーツが欲しいかをお伝えいただくと、スムーズに、イメージ通りの生地をお選びいただくことができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

バンチブックでストライプを選ぶときの注意

最後に、1つストライプの生地を選ぶときのコツをご紹介しましょう。それは、バンチブック(生地見本)だけを見て決めてはいけない、ということです。生地は、バンチブックで見たときと実際にスーツに仕立てたときとでは、印象が変わります。簡単な図を用意しましたので、こちらをご覧ください。
faq04_06
こちらは、左右とも同じ幅のストライプです。しかし、パッと見た瞬間は大きな四角のほうの幅が狭く感じられます。生地も同じで、バンチブックで見た時と実際にスーツに仕立てて着たときとでは、ストライプの幅の印象が変わるのです。
また、光沢感の印象も変わります。同じ生地でも、バンチブックで見た時はやや暗めに、スーツに仕立てた時はやや明るめに感じられます。(詳しくは、こちら→バンチブックへリンク)
ストライプのスーツをお仕立てになるときには、実際の生地を体にあてて、スーツに仕立てたときの印象をイメージしてからお選びいただくことをおすすめいたします。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)