> ゼニアのレーベル > ゼニアの生地 トロフェオ600

ゼニアの生地 トロフェオ600

ゼニアの「トロフェオ」をベースとして生まれたレーベル「トロフェオ600」。この600というのは、混紡されているシルク(絹)糸の細さを示す数字です。

zegnalab21_img02シルク(絹)の糸の細さを示す数字として代表的なのは、「番手」という単位です。これは、1キログラムの原毛で作れる糸の長さ(キロメートル単位)を示す数字で、ウールの糸の細さの単位としても使われます。例えば、ゼニアのトロフェオ(2013年の秋冬企画)の縦糸に使われているのは、118番手の双糸ですが、これは1キログラムの原毛から118キロメートルの糸が作れる細さであることを表しています(トロフェオのページでも、番手について詳しく説明しています)。

シルク(絹)に「原毛」はありませんが、考え方は羊毛の場合と同様で、「1キログラムあたり何キロメートルの糸になるか」を数字で示します。トロフェオ600の場合は、600番手、つまり1キログラムで600キロメートルの長さとなるシルク(絹)糸が使われているということになります。
また、繭から取り出された時点でのシルク(絹)の繊維は、なんと約9000番手ほどの細さです。生地に織り上げるにはあまりに繊細なため、何本も撚り合わせて適当な太さにする必要があります。トロフェオ600では、9000番手のシルクを撚りあわせて600番手の太さにしたシルク(絹)糸を使っている、ということになるのです。

続きを読む

トロフェオ600には、15%の割合でシルクが混紡されています。非常に細いシルクなので、たとえ15%の割合でも、混紡したことで生地は格段に軽くなります。トロフェオ600(2013年秋冬企画)の場合、目付け(生地1メートルあたりの重さ)は約210グラム。目付けが約230グラムのトロフェオ(2013年秋冬企画)よりも、さらに軽い生地となっています。ここ数年、全体的な軽量化が進むゼニアのレーベルの中でも、トロフェオ600はトップクラスといえる軽さです。

シルクが混紡されているゼニアの生地には、他にも春夏物の「SHANG」があります。なぜ春夏物に混紡されるシルクが秋冬物にも混紡されるのか、と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、実はシルクは年間を通して使用できる素材なのです。

zegnalab21_img01シルクを混紡すると、春夏には涼しく、秋冬には暖かく着られる生地を作ることができます。その秘密は、シルク(絹)糸の作り方にあります。
前述したように、シルク繊維は9000番手ほどの細さのものなので、数本の繊維を撚り合わせて糸を作ります。この時に絹糸の中にできるのが、たくさんの空気の層。空気は熱伝導率が低く、保温性を高める働きをするため、絹糸で織り上げた生地は、暑い夏にはひんやり涼しく、寒い冬には暖かく着られるという特徴を持つものになるのです。

その他のシルクの特性としては、独特の光沢感やなめらかさが挙げられます。こちらのページでシルクの光沢感についての詳しい説明を行っていますので、ここではもうひとつの特徴であるなめらかさについて説明します。

シルク(絹)とは、蚕が吐き出すタンパク質の塊のこと。シルクのタンパク質は、人の肌の成分に極めて近いと言われます。タンパク質を主成分とする繊維には他にもウール(羊の毛)がありますが、ウールの表面にはウロコ状の層があります。これはスケールと呼ばれるもので、シャンプーのコマーシャルなどでよく目にする「キューティクル」の形状とよく似ています。シルクには、スケールのような層はなく、細さもウールと比べてずっと細いので、よりなめらかな手触りになります。

zegnalab21_img03シルクの主成分であるタンパク質は「フィブロイン」と呼ばれるものですが、これがシルク独特のしなやかさやコシを生み出すもとになります。フィブロインの分子は結合力にすぐれ、簡単に切れたりしない強さがあります。そのフィブロインの働きにより、シルク(絹)の織物も、ドレープ感としなやかさ、そしてコシを兼ね備えたものになるのです。

こうした特徴を持つシルクを、トップクラスの高級ウールで作られたトロフェオに混紡して生まれたのがトロフェオ600です。もともとトロフェオ600は既製品限定で使われていましたが、2009年から、スミズーラなどのオーダー用にも使われるレーベルとなりました。この年はちょうど、トロフェオが大幅なリニューアルを行った年。この時期、男性ファッションでも光沢感を持つ素材が好まれる傾向が出てきていました。ゼニア社が、シルク独特の光沢感を持つトロフェオ600をスミズーラやオーダースーツ用にも使うと決めたのは、そうした流行を受けてのことかもしれません。

独特の光沢感とドレープ感を持つシルクを、最高品質のウールに混紡して生まれたトロフェオ600。ドレッシーなスーツをお望みの方には、ぜひお試しいただきたい素材の1つです。

※ここに掲載している生地の在庫は『オーダースーツ 榮屋本舗』までお問い合わせください。

生地NO.Z111-0463
商品名 トロフェオ600(春夏)
ブラック
シャドーストライプ
解説 2010年春夏デビューの新レーベル  トロフェオ-600 1.5cm間隔の極太ストライプ インパクトのあるセレモニースーツを仕立てたい方ににオススメの1着です。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)