> ゼニアのレーベル > ゼニアの生地トロフェオミルド

ゼニアの生地トロフェオミルド

2014年の秋冬に生まれたゼニアのレーベル「トロフェオミルド」。その名称が示す通り、「トロフェオ」をベースにしたレーベルです。平均直径は約16ミクロンと、細い原毛を使ったレーベルの多いゼニアの中でも特に繊細な繊維から作られています(トロフェオについての詳しい説明はこちら)。

ゼニアのトロフェオミルドの名称の中には、「ミルド」という単語が入っています。これは、「ミルド加工」という加工を施したことを表すものです。
では、ミルド加工とはどのような加工なのでしょうか。それを詳しく説明します。

zegnalab23_img01原毛を織り上げた生地をいったん湿らせ、その状態のままで生地を揉んだり叩いたりすると表面が毛羽立ちます。このように生地を毛羽立たせる加工をミルド加工と呼びます。
湿った状態のまま叩いたり揉んだりすることで生地が毛羽立つ理由は、ウールの構造にあります。
シャンプーのコマーシャルなどでよく目にする、うろこのような形状のキューティクル。あのうろこ状の構造が、ウールにもあるのです。この構造は、ウールではスケールと呼ばれています。
スケールは、毛根から毛先に向かってできるという特徴があります。このため、ウールを手でなでた時、毛根から毛先に向けてなでた場合はなめらかさを感じますが、毛先から毛根に向けてなでると、少し引っかかるような抵抗感があります。
このスケールがあるため、湿った状態で羊毛を叩いたり揉んだりすると、繊維が絡み合ってケバ立ち、全体的に縮んでいくのです。この生地の毛羽を整えれば、ミルド加工は完了します。
表面がなめらかな生地に比べ、ミルド加工で毛羽立たせた生地は、より多くの空気を生地の表面に含ませることができます。空気は熱を逃がしにくい性質を持っているため、ミルド加工を施すことで生地の保温性が高くなります。また、毛羽の独特の風合いが暖かみを感じさせるので、秋冬向けに最適のレーベルとなるのです。

続きを読む

2013年の秋冬、ゼニアでは、トロフェオミルドのベースであるトロフェオのリニューアルを行いました。それまで平均直径17ミクロンの細さだった原毛を、より繊細な16ミクロンに変更、これにより目付け(生地1メートルあたりの重量)も軽量化されました。ゼニアのトロフェオでは、2013年のリニューアル前には約260グラムだった目付けが、2013年には230〜240グラムまで軽くなっています。
ミルド加工を施した生地は、一般的には厚みのあるものになります。しかしゼニアのトロフェオミルドの場合は、16ミクロンという極細の繊維を使って作られるためか、ミルド加工を施していないトロフェオとほぼ同じ厚みとなっています。目付けも230〜240グラムと、トロフェオと変わりません。ミルド加工により暖かみと高級感を備えながらも、ゼニアのトロフェオならではの手触りのやわらかさや独特の光沢を持つ生地となっているのです。この生地の仕上がりを見れば、ゼニアがトロフェオとトロフェオミルドに使っている原毛がいかに細いものであるかがわかるでしょう。

zegnalab23_img022014年の秋冬、ゼニアでは、エレクタミルドなど、トロフェオミルドに続くミルド加工の新レーベルを企画しています。暖かみと軽量化を両立させたミルド素材をゼニアがどう展開させていくか、今後の動きがますます注目されます。

※ここに掲載している生地の在庫は『オーダースーツ 榮屋本舗』までお問い合わせください。

生地NO.Z218-0221
商品名 トロフェオミルド(秋冬)
ライトグレー
グレンチェック×ワインウインドペン
解説 今秋冬もグレンチェックはチェックは流行のようです。2014秋冬新企画の【トロフェオ-ミルド】。トロフェオ独特の光沢感をそのまま残した、ソフトでしなやかな生地となっています。
生地NO.Z218-0231
商品名 トロフェオミルド(秋冬)
ライトブラウン
グレンチェック×ワインウインドペン
解説 今秋冬もグレンチェックはチェックは流行のようです。2014秋冬新企画の【トロフェオ-ミルド】。トロフェオ独特の光沢感をそのまま残した、ソフトでしなやかな生地となっています。
生地NO.Z218-0123
商品名 トロフェオミルド(秋冬)
ブルー
グレンチェック×ワインウインドペン
解説 4本のブルーストライプと2本のシルバーストライプが1.5cm間隔にインパクトのあるストライプを形成しています。 2014秋冬新企画の【トロフェオ-ミルド】。トロフェオ独特の光沢感をそのまま残した、ソフトでしなやかな生地となっています。
生地NO.Z218-0121
商品名 トロフェオミルド(秋冬)
チャコール
ブルー×シルバーストライプ
解説 4本のブルーストライプと2本のシルバーストライプが1.5cm間隔にインパクトのあるストライプを形成しています。 2014秋冬新企画の【トロフェオ-ミルド】。トロフェオ独特の光沢感をそのまま残した、ソフトでしなやかな生地となっています。
生地NO.Z218-0111
商品名 トロフェオミルド(秋冬)
グレー
ヘリンボーン×ブルーストライプ
解説 2.2cm巾のヘリンボーンをベースに2mm巾のブルーストライプが入っています。2014秋冬新企画の【トロフェオ-ミルド】。トロフェオ独特の光沢感をそのまま残した、ソフトでしなやかな生地となっています。
生地NO.Z218-0113
商品名 トロフェオミルド(秋冬)
ブラウン
ヘリンボーン×ブルーストライプ
解説 2.2cm巾のヘリンボーンをベースに2mm巾のブルーストライプが入っています。2014秋冬新企画の【トロフェオ-ミルド】。トロフェオ独特の光沢感をそのまま残した、ソフトでしなやかな生地となっています。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)