> ゼニアのレーベル > ゼニアの生地トロフェオカシミヤ

ゼニアの生地トロフェオカシミヤ

繊維の平均直径16ミクロンという極細の原毛から作られた、ゼニアの定番レーベル「トロフェオ」。ウールを強く撚って織り上げられており、独特の光沢感やなめらかさを持つ生地となっています。柄もヘリンボーンなどトレンドを意識したものが採り入れられ、幅広い年齢層から支持を得ています。

zegnalab20_img03トロフェオはウール100%の原毛だけで作られていますが、「トロフェオカシミヤ」は、このトロフェオにカシミヤを5%ブレンドして作られたレーベルです。

表面のなめらかさと独特の光沢感を特徴とするトロフェオに対して、トロフェオカシミヤの表面はケバ立っていて、手触りも見た目も秋冬の生地らしい温かさを感じさせます。このトロフェオカシミヤのように、生地の表面を起毛させた素材は「フランネル」と呼ばれています。

続きを読む

フランネルは、一般的に「ネルシャツ」と呼ばれる服の素材としてよく知られています。厚みのあるケバ立った生地で、カジュアルウェアに使われることが多いため、ゼニアのレーベルとしてはやや違和感を持たれる方も少なくないかもしれません。
ここではまず、フランネルという素材の特徴について説明、次にトロフェオカシミヤについて説明していきます。

フランネルの最大の特徴は、表面のケバ立ち(起毛感)です。これは、特殊な糸を使っていること、生地を織った後に加工することによって生まれるものです。

zegnalab20_img02まず、使用する糸について説明しましょう。フランネルに使われているのは、「紡毛糸(ぼうもうし)」と呼ばれる糸です。原毛を糸に加工する際、まず原毛の長さを揃えるためにクシで梳(す)きますが、この時に短い毛は梳き落とされます。この短い繊維の毛(紡毛)を使った糸が、紡毛糸です。

「梳き落とされた毛」という表現から、紡毛糸にマイナスのイメージを持つかもしれませんが、紡毛糸は決して粗悪な素材ではありません。

その説明として、カシミヤの例を挙げてみましょう。カシミヤは一般的にも高級な素材として知られていますが、このカシミヤの原毛は、ほぼすべてが紡毛糸として紡績されています。

羊の毛を丸ごと刈り取って使うウールとは異なり、カシミヤでは、カシミヤ山羊の皮膚近くに生えている産毛だけを使います。クシで梳き取った産毛は通常の原毛より短いので、その多くが紡毛糸になるわけです。

また、短い繊維を撚って作られる紡毛糸は、やわらかい手触りや起毛感、高い保温性など、秋冬向けの素材にぴったりの特徴を持っています。紡毛糸の素材としての品質の良さが、こうした特徴からも理解できると思います。

次に、加工について説明します。フランネルでは、生地が織り上がった後に、縮絨(しゅくじゅう)と呼ばれる加工が施されます。これは、出来上がった生地に湿り気を与えてから叩いたり揉んだりする加工のこと。この加工で、表面の繊維がさらに絡まってケバ立った生地となり、独特の柔らかさと高い保温性も生まれます。
この縮絨加工は、ゼニアのトロフェオカシミヤにも施されています。トロフェオカシミヤの表面の細かな起毛はこの加工によるもので、いかにも秋冬ものらしい温もりを感じさせます。繊細なウールとカシミヤが混紡されているため、独特の柔らかさとヌメリを感じさせるゼニアらしい手触りの生地となっています。

zegnalab20_img01縮絨加工を施した生地は、ともすればやや肉厚になりがちですが、ゼニアのトロフェオカシミヤでは極細の原毛を使っていることもあり、ほとんど厚みを感じさせない仕上がりとなっています。トロフェオカシミヤの目付(1メートルあたりの生地の重量)は約240グラムと、一般的なトロフェオとほとんど変わりません。起毛による温かみを備えつつも、軽い仕上がりの生地となっているのです。

起毛感、高い保温性、軽い着心地、カシミヤ混紡によるなめらかさなどの特徴を持つゼニアのトロフェオカシミヤは、秋冬に最適なレーベル。ゼニアで仕立てた高品質のジャケットやスーツでカジュアルなおしゃれを楽しみたい—そんな方にぜひチェックしていただきたい、お勧めの素材です。

※ここに掲載している生地の在庫は『オーダースーツ 榮屋本舗』までお問い合わせください。

生地NO.Z9101-0109
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
ネイビー
チョークストライプ
解説 2.0cm間隔に入っているチョークストライプ。インパクトのあるをお探しでしたら是非この柄です。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。
生地NO.Z9101-0103
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
グレー
チョークストライプ
解説 2.0cm間隔に入っているチョークストライプ。インパクトのあるをお探しでしたら是非この柄です。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。
生地NO.Z9101-0101
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
グレー
チョークストライプ
解説 2.0cm間隔に入っているチョークストライプ。インパクトのあるをお探しでしたら是非この柄です。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。
生地NO.Z9101-0227
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
ベージュ
チョークストライプ
解説 2.0cm間隔に入っているチョークストライプ。インパクトのあるをお探しでしたら是非この柄です。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。
生地NO.Z9101-2036
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
ブルー
シルバーウインドペン
解説 5.0cm×4.2cmのシルバーウインドペンになっています。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。
生地画像の続きを見る
生地NO.Z9101-2033
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
チャコール
シルバーウインドペン
解説 2.2cm×1.4cmのシルバーのウインドペン。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。
生地NO.Z9101-1594
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
ブルー
シルバーウインドペン
解説 5.0cm×4.2cmのシルバーウインドペンになっています。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。
生地NO.Z9101-1593
商品名 トロフェオカシミア(秋冬)
チャコール
シルバーウインドペン
解説 5.0cm×4.2cmのシルバーウインドペンになっています。カシミア混紡ならではの柔らかな触り心地にきっと驚かれることでしょう。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)