> ゼニアのレーベル > ゼニアの生地トロフェオ(春夏)

ゼニアの生地トロフェオ(春夏)

「トロフェオ」はゼニアの代表的なレーベルのひとつです。秋冬用と春夏用の企画があり、ここでは春夏用の「トロフェオ」について説明します。(秋冬の「トロフェオ」については、こちらのページをご覧ください)

季節によって変わる、スーツの素材

trf_fw01

本来、春夏ものの「トロフェオ」は、4〜5月や10〜11月といった夏と冬以外の季節に着る「合い着(あいぎ)」としての役割を果たす生地でした。このため着用する期間が比較的短いものでしたが、昨今、この流れに変化が現れています。

ゼニア生地では、各レーベルの素材の特徴を活かして、4〜5月に春夏ものの「トロフェオ」、6〜9月には夏着である「トロピカル」、10〜11月に秋冬用「トロフェオ」、12月〜3月に冬用生地の「エクレタ」をおすすめしています。しかしながら、昨今は季節に合わせた生地よりもデザイン性を重視して、初夏の6月頃まで春夏の「トロフェオ」を着用したいという方が多くなってきているのです。
本来4〜5月に着る春夏ものの「トロフェオ」が、初夏まで愛用されるようになった理由とは、何なのでしょうか?
その秘密をお話しする前に、生地を構成する原毛や糸について、少し説明しましょう。

続きを読む
生地と糸、織り方の関連性

trf_fw02

生地を織りなす糸は「番手」、糸を作る原毛は「Super」という基準でグレードが表されます。

原毛の「Super」は、繊維の直径がどのくらいかを基準としていて、糸の「番手」は原毛1キログラムで糸が何キロメートル作れるかを示しています。「Super」も「番手」も、数字が大きくなるほど細い糸だというわけです。

細い糸で生地を織る場合、糸の強度を高めるために撚りを強くするケースがあります。撚りを強くすると、糸の使用量が増えるため、生地の重さが増えることになります。これを示すのが「目付(めつけ)」で、ある単位の面積で、布の重さが何グラム、何キログラムになるかを表しています。

それでは、「目付」と糸の「番手」の関連性から、生地の特性について考えていきましょう。

trf_fw03

高い番手の細い糸を使っていて、なおかつ生地の目付が重ければ、しっかりと糸の目をつめて織った生地だということになります。この場合、なめらかな肌触りで、しっとりとしたツヤや光沢を持った生地になります。これとは逆に、高い番手の糸でしかも目付が軽い生地は、目が粗く、耐久性が劣るケースがありますから注意が必要でしょう。

リニューアルによって変化していくゼニアの「トロフェオ」

さて、糸やそれを作る原毛、目付について一通り説明したので、春夏の「トロフェオ」に話を戻しましょう。

春夏ものの「トロフェオ」は、2013年に大きくリニューアルされました。

それまでのSuper130ユsの原毛から、Super150ユsへグレードがランクアップされました。そして糸が細くなった分、糸の撚りを強くし、それまで230〜240グラムだった目付は240〜245グラムと少し増加しました。

さて、先ほど「高い番手の細い糸を使った、重い目付の生地」は見た目にも優れ、丈夫であるという解説をしました。リニューアルした春夏の「トロフェオ」には、まさにこの特性が加わり、高級感がある品質の高い生地へ生まれ変わったのです。

また、春夏ものの「トロフェオ」にように、天然毛を強く撚って作った糸をしっかりとつめて織った生地は、吸湿性にも優れています。優れた吸湿性のある生地で作られたスーツは、汗や湿気を吸って肌表面付近の湿度を調節してくれるので、非常に着心地がいいのです。

さて、なめらかな質感で光沢のある春夏用の生地「トロフェオ」は、以前は今とはまったく違う糸で織られていて、織り方も異なっていました。

trf_fw04

糸を作るには、原毛から繊維を引き出し、それを撚って一本の糸を作ります。これを「単糸(たんし)」と呼び、その単糸2本を撚り合わせて作ったのが「双糸(そうし)」です。

リニューアル前の春夏の「トロフェオ」は、縦糸にも横糸にも「単糸」が使われていました。生地にやや起毛した感じがあり、おとなしめな色と柄が中心でした。落ち着いていてあたたかみのあるデザインが中心となっていました。

しかし2010年にリニューアルした春夏ものの「トロフェオ」は、大きく変わります。2010年はゼニアの創業100周年に当たる記念すべき年。この頃、ファッション界では光沢やツヤ感に富んだ素材や、タイトなシルエットのデザインが流行し定着してきました。

このトレンドをいち早くキャッチしたゼニアは、創業100周年という節目に、満を持して春夏の「トロフェオ」をリニューアルさせたのでしょう。

このリニューアルでは、生地を織る糸から織り方まで大きく変化しました。

リニューアル前の春夏「トロフェオ」には、56番の単糸が縦糸と横糸に使われていました。これが2010年から、横糸は56番単糸のままに、縦糸のみ104番の双糸に変わりました。これによって目付が20グラム軽くなり、230〜240グラムとなりました。

そして、2013年には横糸は変わらず56番のまま、縦糸のみ117番の双糸に変えられ、織り方も細い糸に適したものに変更されました。糸の撚りが強くなり、以前よりも柔らかくなめらかな生地になりました。

リニューアルした2013年以降の「トロフェオ」春夏ものと、それ以前の生地を比べて見てみましょう。

trf_fw05

左側の生地が2010年〜2012年の春夏もの「トロフェオ」、右側の生地が2013年にリニューアルした生地です。光沢やツヤの違いが一目で分かると思います。

デザインも、落ち着いたイメージの柄から、光の角度によって印象が変わるシャドーストライプといったおしゃれで洗練された柄のデザインバリエーションへ変わりました。リニューアル前の春夏「トロフェオ」は、大人の品格ある落ち着いた印象からシニア層に愛好されるレーベルでしたが、リニューアルした後は20代から50代といった若手の層にも愛用されるようになったのです。

このような理由から、合着としての役割だけでなく、初夏までの長い期間、着用されるようになったトロフェオの春夏レーベル。秋冬ものも含めて「トロフェオ」は、ゼニアが力を注いでいる代表的なレーベルのひとつです。今後も熱い注目が集まることでしょう。

※ここに掲載している生地の在庫は『オーダースーツ 榮屋本舗』までお問い合わせください。

生地NO.Z2630-0724
商品名 トロフェオ-ライト (春夏)
ダークネイビー
オルターネートシャドーストライプ
解説 2種類の織り方の違うストライプを交互に構成。光の加減でストライプの輝きが変わるゼニアがもっとも得意とする代表的なシャドーストライプです。
生地NO.Z2630-0472
商品名 トロフェオ-ライト (春夏)
ブラック
シルバーストライプ
解説 1.2cm間隔のベーシックなシルバーストライプです。光沢感がすばらしいベーシックな1着です。
生地NO.Z2630U-0110
商品名 トロフェオ-ライト (春夏)
ネイビー
マイクロヘリンボーン
解説 3mm間隔のマイクロヘリンボーン、ビジネススーツにもフォーマル用ブラックスーツとしても着まわしできる1着です。
生地NO.Z2630-0871
商品名 トロフェオ-ライト (春夏)
ライトグレー
シルバーストライプ×マイクロヘリンボーン
解説 マイクロヘリンボーン柄をベースに6mm間隔のベーシックなシルバーストライプですが 清涼感のあるペールトーンシリーズです。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)