> ゼニアのレーベル > ゼニアの生地トロフェオ

ゼニアの生地トロフェオ

「トロフェオ」は昨今ゼニアが一番注力しているレーベルで、バリエーションを次々に発表しています。ここでは、秋冬用に用いられる「トロフェオ」について説明します。

「トロフェオ」の秋冬生地は、2013年の春秋用の生地と同じように、以前より細やかな原毛から作った糸を使うことにより、軽量化がさらに進みました。このリニューアルは、大幅な規格変更があった2009年以来のことです。

生地を構成する糸、原毛について

super01

はじめに、生地を織りなす糸とそれを構成する原毛について説明しましょう。まず、原毛の直径から規定が定められている「Super」があります。糸の太さを表している「番手」は、原毛1キログラム当たりで糸が何キロメートルできるかを表しています。「Super」も「番手」も数字が大きければ大きいだけ、細く繊細な糸になります。

「トロフェオ」レーベルに使われる原毛は、2012年以前は「Super130ユs」という直径平均17ミクロンの繊維でした。これが、2013年の春夏から、「Super150ユs」という平均16ミクロンのものに格上げしたのです。この流れを受け、2013年の秋冬も「Super150ユs」の原毛が使用されているものと思われます。「トロフェオ」の生地の重さ1メートル当たり(「目付」と言います)は、2008年秋冬は約280グラム、2009年のリニューアルからは約260グラム、そして2013年には約230グラムと変化。リニューアルのたびに軽量化を実現しています。

続きを読む
単糸と双糸の特長を合わせ持つ「トロフェオ」

trf_fw04

同時に、生地を織りなす糸も新しくなりました。糸には「単糸(たんし)」(原毛から繊維を取り出し撚り合わせる)と「双糸(そうし)」(単糸を2本組み合わせて撚る)があり、糸が細い、つまり番手が高い糸の場合は強度を高めるために双糸に撚り合わせてから生地に織り上げるのが一般的です。

2013年秋冬の「トロフェオ」は、118番手の単糸を撚り合わせた双糸を縦糸にして織られています。ちなみに春夏の「トロフェオ」の縦糸は117番手の単糸でできた双糸が使用されていました。つまり、2013年秋冬の「トロフェオ」は春夏バージョンよりも細やかで繊細な糸で織られているのです。耐久性に富み、光沢を生み出す双糸でできた縦糸と、しなやかな柔らかさを生む単糸でできた横糸。それぞれの特長を活かして織り上げられたのが「トロフェオ」の生地です。

デザイン性の向上でファン層は若手に拡大

リニューアル前の2008年以前、「トロフェオ」はぬくもりのある起毛、柔らかくぬめりのある手触りで、柄は落ち着いた印象のスタンダードなものが中心でした。このため、素材のハイクラス感も手伝って、「トロフェオ」はシニア層を中心に愛好されてきました。

おとなしめだった「トロフェオ」は、2009年に一変します。より強く撚った細い糸で織り上げられたリニューアル後の「トロフェオ」は、より軽やかになり、品のある光沢を放つようになったのです。これは、細い糸で織り上げようとする際には糸の強度を上げる必要があり、撚りを強くした結果、生地に光沢が現れるためです。柄も一層オシャレになり、光の当たる加減で印象を変えるヘリンボーン(注1)といったデザイン性の高いバリエーションに移行しました。

このため、若い年齢層にも愛好者が広がり、若手から熟年層まで幅広く支持されるレーベルへと急速に成長していきました。

trf03

こちらの画像をご覧ください。右側の細かな縦縞柄が2008年以前、リニューアル前の「トロフェオ」、左側の太い縦縞柄が2009年にリニューアルし生まれ変わった「トロフェオ」です。左側の生地に、なめらかさや光沢・ツヤ感が付加されたことに気づかれるでしょう。

この大きなリニューアルの背景には、メンズファッションに訪れたトレンドの変革がありました。

メンズファッション界に「細身シルエット」が流行りはじめた2000年代初頭、例えば3つボタンスーツより2つボタンが好まれるようになるなど、タイトですっきりしたシルエットの服が主流となってきました。そして2009年頃には、ツヤ感や光沢のある素材が人気を集めるようになります。

この流れをキャッチしたゼニアのデザイン部門は、「トロフェオ」をシャープな細身シルエットにマッチする素材・デザインへ大きくシフトさせたのだと考えられます。これにより光沢やデザイン性の高いレーベルへと変化していきました。

トレンドをいち早くとらえてリニューアルし、進化し続ける「トロフェオ」は、ゼニア生地において最もオシャレでハイセンスなレーベルのひとつとして愛好されています。ソフトな手触り、見た目にも華やかなツヤと光沢。「トロフェオを知ってしまったら、他のスーツが着られない」と言われるほどのパーフェクトな魅力があるのです。ゼニアにおいてトレンドの最先端をリードする「トロフェオ」。その行く末に、これからも目が離せません。

注1)ヘリンボーンとは、杉綾織りとも呼ばれる、ぎざぎざと谷と山が続いていくシンプルな柄です。ジャケットやツイードコートに多用されます。その模様が魚のにしん(へリング)の骨(ボーン)のようだということから、この名がつきました。

光の加減や視点によって、淡いストライプが黒く浮かび出てはまた消えたように見える、あるときには濃い部分が光沢を放つなど、表情を変化させるのがヘリンボーン柄の「トロフェオ」の魅力。ゼニアだからこそできる豊かな表現力が光ります。

※ここに掲載している生地の在庫は『オーダースーツ 榮屋本舗』までお問い合わせください。

生地NO.Z162-1062
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
シルバー×シャドーストライプ
解説 シルバーのストライプとシャドーストライプを2mm間隔で織りあげたベーシックなマイクロシャドーストライプです。 飽きのこない1着をお探しの方にお勧めです。
生地NO.Z162-1064
商品名 トロフェオ(秋冬)
ダークネイビー
シルバー×シャドーストライプ
解説 シルバーのストライプとシャドーストライプを2mm間隔で織りあげたベーシックなマイクロシャドーストライプです。 飽きのこない1着をお探しの方にお勧めです。
生地NO.Z162-1066
商品名 トロフェオ(秋冬)
ネイビー
シルバー×シャドーストライプ
解説 シルバーのストライプとシャドーストライプを2mm間隔で織りあげたベーシックなマイクロシャドーストライプです。 飽きのこない1着をお探しの方にお勧めです。
生地NO.Z162-1061
商品名 トロフェオ(秋冬)
チャコール
シルバー×シャドーストライプ
解説 シルバーのストライプとシャドーストライプを2mm間隔で織りあげたベーシックなマイクロシャドーストライプです。 飽きのこない1着をお探しの方にお勧めです。
生地NO.Z162-0944
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
シルバー×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔のヘリンボーン柄をベースにシルバーとシャドーストライプで形成されています。 一見新フルな柄に見えますが光の加減でヘリンボーン柄が5mm巾の太めのシャドーストライプのように浮かび上がるおしゃれな1着です。
生地画像の続きを見る
生地NO.Z162-0948
商品名 トロフェオ(秋冬)
ネイビー
シルバー×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔のヘリンボーン柄をベースにシルバーとシャドーストライプで形成されています。一見新フルな柄に見えますが光の加減でヘリンボーン柄が5mm巾の太めのシャドーストライプのように浮かび上がるおしゃれな1着です。
生地NO.Z162-1184
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
ブルー×シャドーストライプ
解説 1.2cm間隔のシャドーストライプの中にダブルのブルーストライプの中に折柄を構成しています。光の加減でブルーダブルストライプと黒っぽいシャドーストライプがきれいに浮かび上がるおしゃれな1着です。
生地NO.Z162-1186
商品名 トロフェオ(秋冬)
ネイビー
ブルー×シャドーストライプ
解説 1.2cm間隔のシャドーストライプの中にダブルのブルーストライプの中に折柄を構成しています。光の加減でブルーダブルストライプと黒っぽいシャドーストライプがきれいに浮かび上がるおしゃれな1着です。
生地NO.Z162-1182
商品名 トロフェオ(秋冬)
チャコール
ブルー×シャドーストライプ
解説 1.2cm間隔のシャドーストライプの中にダブルのブルーストライプの中に折柄を構成しています。光の加減でブルーダブルストライプと黒っぽいシャドーストライプがきれいに浮かび上がるおしゃれな1着です。
生地NO.Z162-1181
商品名 トロフェオ(秋冬)
グレー
ブラウン×シャドーストライプ
解説 1.2cm間隔のシャドーストライプの中にダブルのブルーストライプの中に折柄を構成しています。光の加減でブルーダブルストライプと黒っぽいシャドーストライプがきれいに浮かび上がるおしゃれな1着です。
生地NO.Z162-1203
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
ブラウン×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔のダブルのブラウンストライプを構成。その中にも3本のシャドーストライプが構成されています。光の加減でブラウン系の色が強調されたり黒っぽく光り輝いたりするインパクトのある1着です。
生地NO.Z162-1205
商品名 トロフェオ(秋冬)
ネイビー
ブルー×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔のダブルのブルーストライプを構成。その中にも3本のシャドーストライプが構成されています。光の加減でブラウン系の色が強調されたり黒っぽく光り輝いたりするインパクトのある1着です。
生地NO.Z162-1209
商品名 トロフェオ(秋冬)
ダークブラウン
ブラウン×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔のダブルのブラウンストライプを構成。その中にも3本のシャドーストライプが構成されています。光の加減でブラウン系の色が強調されたり黒っぽく光り輝いたりするインパクトのある1着です。
生地NO.Z162-0908
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブルー
ワイン×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔にワインの折柄ストライプとシャドーストライプを構成。光沢感はもちろんの事いつもと少し違う色合いをお探しの方にお勧めの1着です。
生地NO.Z162-0903
商品名 トロフェオ(秋冬)
チャコール
ワイン×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔にワインの折柄ストライプとシャドーストライプを構成。光沢感はもちろんの事いつもと少し違う色合いをお探しの方にお勧めの1着です。
生地NO.Z162-0909
商品名 トロフェオ(秋冬)
ダークブラウン
ワイン×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔にワインの折柄ストライプとシャドーストライプを構成。光沢感はもちろんの事いつもと少し違う色合いをお探しの方にお勧めの1着です。
生地NO.Z162-0692
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
チョークストライプ
解説 1.4cmのチョークストライプ。各レーベルで企画されているインパクト間違いなしのチョークストライプですが流石トロフェオに落ち着きは十分すぎるほどあります。
生地NO.Z162-0691
商品名 トロフェオ(秋冬)
チャコール
チョークストライプ
解説 1.4cmのチョークストライプ。各レーベルで企画されているインパクト間違いなしのチョークストライプですが流石トロフェオに落ち着きは十分すぎるほどあります。
生地NO.Z162-0929
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブルー
ブルー×シルバー×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔にブルーとシルバーのベーシックなストライプを構成。その中にも2mm巾の折柄シャドーストライプが構成されています。 春夏に引き続き人気のペールトーン生地です。
生地NO.Z162-0921
商品名 トロフェオ(秋冬)
グレー
ブルー×シルバー×シャドーストライプ
解説 1.0cm間隔にブルーとシルバーのベーシックなストライプを構成。その中にも2mm巾の折柄シャドーストライプが構成されています。 春夏に引き続き人気のペールトーン生地です。
生地NO.Z162-0932
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラウン
ブルー×シルバー×シャドースト
解説 1.0cm間隔にブルーとシルバーのベーシックなストライプを構成。その中にも2mm巾の折柄シャドーストライプが構成されています。 春夏に引き続き人気のペールトーン生地です。
生地NO.Z162-1143
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブルー
ブラウン×ワインウインドペン
解説 ブラウンとワインの5.0cm×4.0cmのダブルのウインドペンで構成したチェック柄です。落ち着くのあるベーシックな英国風チェックです。
生地NO.Z162-1141
商品名 トロフェオ(秋冬)
グレー
ブラウン×ワインウインドペン
解説 ブラウンとワインの5.0cm×4.0cmのダブルのウインドペンで構成したチェック柄です。落ち着くのあるベーシックな英国風チェックです。
生地NO.Z162-1150
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラウン
ブラウン×ワインウインドペン
解説 ブラウンとワインの5.0cm×4.0cmのダブルのウインドペンで構成したチェック柄です。落ち着くのあるベーシックな英国風チェックです。
生地NO.Z162-0023
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
シルバーストライプ×マイクロヘリンボーン
解説 1.0cm間隔のシルバーストライプの中をマイクロヘリンボーン柄で織りあげています。 光の加減でヘリンボーン柄が強調されたり、シルバーストライプが強調されたりするおしゃれな1着です。
生地NO.Z162-0022
商品名 トロフェオ(秋冬)
チャコール
シルバーストライプ×マイクロヘリンボーン
解説 1.0cm間隔のシルバーストライプの中をマイクロヘリンボーン柄で織りあげています。 光の加減でヘリンボーン柄が強調されたり、シルバーストライプが強調されたりするおしゃれな1着です。
生地NO.Z162-0043
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
ブルー×シャドーストライプ
解説 1.6cm間隔のブルーのトリプルストライプの中に織柄を加えた3mm巾のブルーとシャドーのストライプが入っています。複雑に織り込んだお洒落なグラデーションストライプです。
生地NO.Z162-0042
商品名 トロフェオ(秋冬)
チャコール
ブルー×シャドーストライプ
解説 1.6cm間隔のブルーのトリプルストライプの中に織柄を加えた3mm巾のブルーとシャドーのストライプが入っています。複雑に織り込んだお洒落なグラデーションストライプです。
生地NO.Z161-2404
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
シルバー×シャドーストライプ
解説 1.5cm間隔のシルバーダブルストライプの中に表面変化をつけた2種類のシャドーストライプが形成されています。 光の加減で同色の織り柄ストライプが浮き上がったりシルバーストライプが浮き上がったりと手の込んだ生地です。
生地NO.Z67071
商品名 トロフェオ(秋冬)
ブラック
シロマイクロストライプ
解説 画像では少し見えづらいかもしれませんが シロいマイクロストライプの間に変形の折柄があります。
生地NO.Z162T-0115
商品名 トロフェオ(秋冬)
ダークネイビー
ムジ
解説 トロフェオならではの深みのある光沢感があります。1着は持っていたい定番のダークネイビーはいかがですか。
生地NO.Z162U-0005
商品名 トロフェオ(秋冬)
チャコール
ムジ
解説 トロフェオならではの深みのある光沢感があります。1着は持っていたい定番のチャコールグレーはいかがですか。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)