> ゼニアのレーベル > ゼニアの生地トロピカル

ゼニアの生地トロピカル

ゼニアの「トロピカル」が春夏用の生地として最適な理由

ゼニアの生地「トロピカル」は、夏の定番とも言えるレーベル。誕生当時のクオリティはほぼそのままで、企画や柄の種類を充実させています。

ゼニアの「トロピカル」は、『オーストラリア原産のスーパーファインウール』の『単糸』を横糸に、『双糸』を縦糸に使い、『平織り』の手法で織った生地です。

『』の中の用語は少し専門的ですので、それぞれ詳しく解説します。

最初に、『オーストラリア原産のスーパーファインウール』について。

オーストラリアやニュージーランドは羊毛の産地として有名です。特にオーストラリアのウールは細い繊維とそのしなやかさが特徴。その中でもスーパーファインウールは、繊維の直径が19.5ミクロン以下と特に繊細で、やわらかな手触りと美しい光沢が特徴のウールです。

『単糸』は原毛から紡いだ繊維を撚って作った糸、その単糸を2本撚り合わせて作ったのが『双糸』です。双糸は単糸に比べて糸の強度がアップします。

trp01

ゼニアの「トロピカル」が夏用の生地として最適である主な理由は、この糸にあります。細い繊維を強く撚って作ったことで、軽く吸湿性の高い糸になっているため、この糸を織って作った生地は汗をよく吸います。このようにゼニアの「トロピカル」は、軽量で吸汗性が高いという特徴を持っており、暑い時期にはぴったりの素材と言えるでしょう。

最後に『平織り』について。

平織りは、最も基本的な生地の織り方のひとつで、縦糸と横糸を交互に交差させて織る方法です。平織りの生地の特徴は、ハリがあり、丈夫で、縦・横方向への伸びに強いこと。このため、非常に安定性があり型崩れしにくい生地を作ることができるのです。

trp02 trp03

定番化した「トロピカル」にも変化の兆し

これまでの説明をまとめると、ゼニアの「トロピカル」の特性は「軽量で吸汗性に優れ、型崩れしにくい安定性の高い生地」であると言えます。

この特性により、「トロピカル」は夏の定番生地として好評を得ているのです。

高品質ながら手の届きやすい価格帯なので、初めて夏用のビジネススーツを作るという方や、複数着のスーツを作って着回したいという方などには最適の生地としておすすめできます。

夏用の生地としてすっかり定番化したゼニアの「トロピカル」。しかし、2010年、ゼニアの新レーベル「クールエフェクト」が「トロピカル」から派生したことから、ちょっとした変化を迎えています。

太陽光を反射する特殊トリートメント加工を施したゼニアの「クールエフェクト」。この加工により生地の表面温度の上昇が約10度も抑えられるということから、暑い時期でもスーツを快適に着られる生地として誕生以来人気を集めてきています。

新レーベル「クールエフェクト」と「トロピカル」の棲み分け

この「クールエフェクト」の誕生により、「トロピカル」の「柄」にも変化が生じました。

従来、ゼニアの「トロピカル」の柄としては、主に「定番柄」と流行を意識した「(チェックやストライプなどの)ファンシー柄」の2種類が企画されていました。

しかし、2010年の「クールエフェクト」誕生以降、「トロピカル」は「定番柄」のみとなり、「ファンシー柄」は作らなくなったのです。

もともと「クールエフェクト」は主に「トロピカル」から派生した生地であるため、「クールエフェクト」と同じファンシー柄を「トロピカル」でも作ると、同じような素材で同じような柄を持つ生地が2つある、ということになってしまいます。ゼニアとしては、こうした事態を避ける意図があったのでは、と推測されます。

trp04

「トロピカル」と新レーベル、夏の定番争いに注目

これまで春夏のレーベルとして定着していたゼニアの「トロピカル」ですが、その「トロピカル」を土台として生まれた「クールエフェクト」は、その機能性の高さと流行を意識した柄の多さで、「トロピカル」に匹敵する人気レーベルとして成長しつつあります。

また、最近のゼニアは「クールエフェクト」のレーベルに非常に力を注いでいるため、新たなゼニアの夏向きレーベルが数年内には誕生するかもしれません。たとえば「トラベラーのクールエフェクト」が誕生すれば、シワになりにくい上に涼しいという最強の夏向き生地になることでしょう。

ただし、使い勝手の面では、ゼニアの「トロピカル」に優位性があります。軽く、丈夫で、価格が手頃な「トロピカル」は、ベーシックな定番柄の夏のスーツを手軽に作りたい方、暑い時期にもスーツを着る機会が多い方などにぴったりの生地。夏を快適に乗り切るためのレーベルとして、今後も変わらぬ人気を維持していくことが予想されます。

今後も、トロピカルをはじめとする、ゼニアの春夏レーベルの動向には注目していきたいところです。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)