> ゼニアのレーベル > ゼニアの生地ソルテックス

ゼニアの生地ソルテックス

ゼニアの「ソルテックス」というレーベルは、一年通して着用できるフォーマル生地です。生地の色は、ブラック、濃紺がメインで、一部にオフホワイトがあります。フォーマル、またはセレモニースーツ用の素材です。

ゼニアの「ソルテックス」という名前のレーベルは、元々2種類あり、その1つが現在のフォーマル用生地の元となるタッサー織りのレーベルで、もう1つが一般的な春夏スーツ用の平織りのレーベルでした。

織り方と、ウールのブレンドについて

so01

この2つの生地の織り方を少し解説しておきます。平織りも、タッサー織りも、縦糸と横糸を順番にくぐらせる織り方です。しかし、タッサー織りは図の通り、横糸に縦糸よりも太い糸を使って織られます。これにより、水平方向に畝(うね)、つまり盛り上がった筋が現れます。

次に糸について説明しましょう。「ソルテックス」の春夏ものスーツ用生地もフォーマル用生地も、オーストラリア産、ニュージーランド産のウールをブレンドした原毛から細く繊維を取り出し、強く撚ってできた糸が使われています。

なぜ、オーストラリアとニュージーランドという2つの産地のウールをブレンドするのでしょう?それは、産地によってウールの特徴が異なるからなのです。

so02

オーストラリア産の羊毛は繊維が細く、白いのが特徴です。1本の繊維が長くてとても丈夫で、細かな縮れ(捲縮=けんしゅく)があるため、弾力性や伸縮性に富んでいます。

さて、捲縮とはどんな毛の状態なのでしょう?羊は丸くくるくるとカールした毛を持っていますが、その一本一本を見ると、細かく縮れていて、ねじれていることが分かります。このねじれ、縮れが捲縮と呼ばれています。

捲縮の程度は、羊の種類や羊の産地によって異なります。ゼニア生地に多く使われているオーストラリア産のウールは、先ほど説明したように、捲縮が多い毛であり、繊維の縮れやねじれが多いのです。

そして「ソルテックス」に使われているもう1つのウール、ニュージーランド産の羊毛は、他のウールに比べて捲縮は多くありません。そして、1本1本の縮れのカーブが大きく、ねじれにくいという特性を持っています。このため、このウールを使うとストレッチ性に富んでいて、シワになりにくく、柔らかさのある生地が生まれます。

また、ニュージーランド産の羊毛は、白さに秀でていて、染色したときに美しく発色するという特徴も持っています。特に濃い色に染めたときに深みが出て、濃紺や黒の「ソルテックス」に、より高級な印象を与えてくれるのです。

ニュージーランドはオーストラリアに比べて起伏の激しい地形です。そこで育てられる羊は1年中、質の良い草を探してあちこちに移動していきます。このために栄養状態のよい健康な羊となり、質の揃った丈夫な毛が取れるのです。丈夫で質の揃った原毛からは、なめらかで強く、毛羽立ちの少ない糸ができます。この糸で織った生地は、軽くて薄く、肌触りのよい丈夫なものになります。

フォーマル用の「ソルテックス」と、春夏ものの「ソルテックス」

異なる特徴を持った2種類のウールを混紡した「ソルテックス」は、丈夫でツヤがあり、弾力と柔らかさを兼ね備えた生地となりました。そのため、フォーマルスーツ用の「ソルテックス」だけでなく、ダークな色柄をメインに作られた春夏ものの「ソルテックス」も、パーティーなど襟を正した席にも着用できる、正統な印象の生地になったのです。

通常、ゼニアはレーベルの用途や対応できるシーズンが異なる場合、生地の名称も異なるものを付けますが、「ソルテックス」という名称だけは、フォーマル用と通常の春夏ものの2種類に、同時に使われてきました。

それは、フォーマル用ソルテックスと、ダーク調の春夏用生地のソルテックスは、それぞれタッサー織りと、平織りという、織り方の違いはあったものの、オーストラリアとニュージーランドの羊毛をブレンドした糸から織られているという生地の特長と、その2種類の羊毛のブレンドがもたらす高級感が共通していたからだと推測されます。

ところが、春夏もの「ソルテックス」は2008年、休止となりました。その後、ゼニアの「ソルテックス」とはオールシーズンに着用できるフォーマル生地のレーベルを表すことになったのです。

さて、ここで写真の2つのラベルを見てください。

so03

上には赤いラベル、下には黒いラベル、どちらもゼニア社の「ソルテックス」のものです。

赤いラベルは、ゼニア社のオーダー専用に使われるレーベルだということを表しています。(これに関しては「赤ラベル、青ラベル」ページを参照ください。)春夏もののレーベルとして作られていたときの「ソルテックス」は、こちらの赤いラベルがついていました。

下の黒いラベルは、ゼニアのセレモニースーツ専用レーベルにだけに付けられます。ラベルの下のほうに「ソルテックス(Soltex)」と赤字で書かれています。ちなみに、黒ラベルにこうして名前が入るのは「ソルテックス」の他には「トロフェオ」だけで、他の生地の名前は書かれません。また、赤いラベルにも黒いラベルにも上手に「CLOTH」とあります。これはオーダー専用生地であることを表しています。

ゼニアの「ソルテックス」は、2008年を機に同じ名前でありながら用途の違う生地となりました。今後、フォーマル用だけでなく一般的なスーツ用として再び展開されていくのか、興味深いところです。いずれにしても、フォーマル用を考えるなら「トロフェオ」と並び「ソルテックス」にもぜひ注目してほしいと思います。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)