ゼニアの生地エレクタ

1929年誕生当時から変わらない、エレクタ ゼニアの「エレクタ」

は、ゼニアの秋冬物の中でも、定番として確固たる地位を占めているレーベルです。「エレクタ」がゼニアの秋冬向け生地の代表格といえるのは、その高い完成度にあります。

他のゼニアの秋冬物では、多くのレーベルが近年リニューアルしています。2009年には「トロフェオ(秋冬物)」、2010年には「トラベラー」が、よりクオリティとセンスの高さを感じさせる生地として生まれ変わりました。一方、1929年に発表された「エレクタ」は、80年以上もの間、誕生当時そのままの品質とデザインを維持してきました。このことは、「エレクタ」がリニューアルを必要としないほどの完成度を以て誕生したことを如実に表わしています。

e01

この写真にある星のマークは、1929年に誕生した「エレクタ」のタグに付いていたものです。添付の説明文では、【ELECTA】とはラテン語で「品質が高く優れた素材」の意とあり、この生地が「エレクタ」の名の通り高品質のウールから作られていることを示しています。

ゼニアの「スミズーラ」専用として作られた「エレクタ」

ゼニアの「スミズーラ」をご存知でしょうか。これはゼニア独自のパターンオーダーの名称で、顧客それぞれの体型に合わせ、最も美しいスーツのシルエットに整える手法です。ちなみに「スミズーラ」とは「あなたのサイズに合わせて」の意。「エレクタ」は誕生以来、ずっとこの「スミズーラ」専用の生地として作られてきました。 ゼニアの秋冬向けレーベル「トラベラー」、「トロフェオ(秋冬物)」、春夏向けレーベル「トロフェオ(春夏物)」「トロピカル」など、「エレクタ」以外のゼニアのレーベルは、「既製品用」と「オーダーメイド(スミズーラ)用」に二分されています。そして既製品用のレーベルは、ゼニア以外にも、数々の一流ブランドの既製品スーツに使われています。 一方、「エレクタ」が既製品に利用されることは決してありません。「エレクタ」を「スミズーラ」専用レーベルとして誕生させたゼニアでは、数ある名レーベルの中でも「エレクタ」を特別な存在と位置付けており、今後もゼニアの「スミズーラ」に使用するためだけに「エレクタ」を生産していく構えでいるからです。 ゼニアでは、自社のデザイナーたちの長年の努力と研鑽により、着る人一人ひとりのスーツシルエットを最高に美しく見せる「スミズーラ」のパターンを生み出してきました。「エレクタ」はこの「スミズーラ」のためだけに作られた、最上の品質と格別の贅沢感を併せ持つレーベルと言えるでしょう。

続きを読む

「エレクタ」に使用されている最高級の素材

1929年の誕生以来、その品質とスタイルを維持してきた「エレクタ」。最高級の生地には、最高級の素材が使用されています。「エレクタ」のもととなる素材は、オーストラリア原産のスーパーファインメリノウールです。

ウール(羊毛)の種類は、主として「メリノ種(オーストラリア及びニュージーランド産)」、「クロスブレッド種(混血種、イギリス産など)」、「その他」の3つに大別されます。「メリノ種」の繊維は他のタイプのものより細くやわらかいことから衣料品に利用されることが多く、中でも「スーパーファインメリノウール」は繊維の直径19.5ミクロン以下と、極めて繊細な繊維となっています。

e02

 

このスーパーファインメリノウールを素材とするゼニアの「エレクタ」は、平均直径18ミクロン程度の原毛を使って作られています。ゼニアの「トロフェオ」(16ミクロン程度の原毛使用)などより太めの繊維ですが、そのことにより、耐久性に優れシワになりにくいというメリットも生まれました。

「エレクタ」が「混合織り」を取り入れている理由

「エレクタ」の品質の高さは、生地の織り方にも由来しています。ここで、「平織り」と「綾織り」という生地の主要な織りについて簡単に説明しましょう。

「平織り」では、縦糸と横糸を交互に交差させて織ります。これに対して「綾織り」は、図にあるように、横糸の上に縦糸を2本、下に1本といったように交差させる織り方。織り目が斜めになり、ツヤと光沢感を持つのが綾織りの生地の特徴です。 生地に使われる糸は、通常、細い原毛をしっかりと撚り合わせて作られています。そうすることによって糸そのものにツヤがでます。この糸を使って「綾織り」を施すと、糸の持つツヤが生地の表面に広く表われるのです。斜めの織り目が生み出す陰影も、模様のような微妙なニュアンスを生地に与えます。

その他の織り方として、平織りと綾織りを組み合わせた「混合織り」があります。ゼニアの「エレクタ」には、この混合織りの手法で作られているものもあります。この図は、混合織りの織り目を例として示したものです。

e03e04

そしてこちらは、混合織りの生地です。 平織りと綾織りとでは織り目の方向が異なるので、それらを組み合わせた混合織りでは生地の安定性が低下します。このため、やや型崩れしやすい生地となり、仕立てた服のラインに影響が出る場合もあります。通常、混合織りが洋服の生地に用いられないのは、こうした理由によるものです。

しかし「エレクタ」では、こうしたデメリットを持つ混合織りを採用しています。それができる理由は、「エレクタ」に使われている糸。前の説明で触れたように、「エレクタ」では他のレーベルに比べてやや太めの繊維から作られた糸を使っています。混合織りのような織り方を施しても型崩れのない生地が作れるのは、この糸の高い安定性によるものなのです。

e05

長期間着られて流行に左右されない、「エレクタ」の魅力

秋冬向けのレーベル「エレクタ」ですが、秋冬物にありがちな、生地の厚みによるもたつきがありません。軽い着心地で手触りもしなやかなので、冬の寒い時期だけでなく、秋口から春先まで、スリーシーズンにわたって着用することができます。 「エレクタ」の柄は、トレンド柄(シャドーストライプなど)、安定した人気の定番柄(5㎜ストライプなど)、ヘリンボーン柄など多彩な種類が揃えられています。それぞれの生地は、綾織りを主に使って光沢感を出す、または混合織りを使って生地表面に変化を付けたりシャドーストライプなどの特徴を出すなど、その柄の個性に応じてさまざまな工夫が施されています。

「エレクタ」は、ゼニア独自の生地織りの技術が随所に活かされた魅力的なレーベルなのです。 「エレクタ」は、クオリティの高さと頑丈さを併せ持つ生地として、1929年の誕生以来、ビジネスマンを中心に熱い支持を集め続けてきました。オーダースーツは初めてという方にも、快適に着こなしていただける優れた素材です。

e06

その完成度の高さ、トレンドからベーシックまで揃う柄の豊富さで、ゼニアの定番中の定番となっている「エレクタ」。一時的な流行に振り回されることなく、いいスーツを長く着たいという方には、まさにうってつけの素材と言えるでしょう。ゼニアのスーツをオーダーしたいと思ったら、真っ先にチェックしていただきたい生地のひとつです。

※ここに掲載している生地の在庫は『オーダースーツ 榮屋本舗』までお問い合わせください。

生地NO.Z138-3452
商品名 エレクタ(秋冬)
ブラック
シルバーストライプ
解説 綾織りをベースに折柄を加えた1.5間隔のシルバーストライプ。 その中にもシルバーとシャドーストライプが入っていて光の加減でシャドーストライプが浮かび上がります。 オーダー生地ならではの凹凸感を利用したお洒落な素材です。
生地NO.Z138-3455
商品名 エレクタ(秋冬)
ネイビー
シルバーストライプ
解説 綾織りをベースに折柄を加えた1.5間隔のシルバーストライプ。 その中にもシルバーとシャドーストライプが入っていて光の加減でシャドーストライプが浮かび上がります。 オーダー生地ならではの凹凸感を利用したお洒落な素材です。
生地NO.Z138-3451
商品名 エレクタ(秋冬)
チャコール
シルバーストライプ
解説 綾織りをベースに折柄を加えた1.5間隔のシルバーストライプ。 その中にもシルバーとシャドーストライプが入っていて光の加減でシャドーストライプが浮かび上がります。 オーダー生地ならではの凹凸感を利用したお洒落な素材です。
生地NO.Z138-1981
商品名 エレクタ(秋冬)
グレー
シルバーストライプ
解説 秋冬エレクタの定番柄、8mm間隔のペンシルストライプ。一番ベーシックな誰にでもお似合いになる毎年根強い人気の1着です。
生地NO.Z138-3383
商品名 エレクタ(秋冬)
ブラック
変則ヘリンボーン×シルバーストライプ
解説 1.0mm間隔のペンシルストライプの中に変則的なマイクロヘリーボーン柄が3本入っています。 ヘリンボーン柄が光の加減で2本のシャドーストライプにも見えます。オーダー生地ならではの凹凸感を利用したお洒落な素材です。
生地画像の続きを見る
生地NO.Z138-3384
商品名 エレクタ(秋冬)
ネイビー
変則ヘリンボーン×シルバーストライプ
解説 1.0mm間隔のペンシルストライプの中に変則的なマイクロヘリーボーン柄が3本入っています。 ヘリンボーン柄が光の加減で2本のシャドーストライプにも見えます。オーダー生地ならではの凹凸感を利用したお洒落な素材です。
生地NO.Z138-3381
商品名 エレクタ(秋冬)
チャコール
変則ヘリンボーン×シルバーストライプ
解説 1.0mm間隔のペンシルストライプの中に変則的なマイクロヘリーボーン柄が3本入っています。 ヘリンボーン柄が光の加減で2本のシャドーストライプにも見えます。オーダー生地ならではの凹凸感を利用したお洒落な素材です。
生地NO.Z138-3463
商品名 エレクタ(秋冬)
ブラック
シルバー×シャドーストライプ
解説 綾織り柄をベースに8mm間隔でシルバーとシャドーのグラデーションストライプが入っています。 表面の凹凸感があるおしゃれな1着です。
生地NO.Z138-3465
商品名 エレクタ(秋冬)
ネイビー
シルバー×シャドーストライプ
解説 綾織り柄をベースに8mm間隔でシルバーとシャドーのグラデーションストライプが入っています。 表面の凹凸感があるおしゃれな1着です。
生地NO.Z138-3476
商品名 エレクタ(秋冬)
ネイビー
マイクロヘリンボーン×シルバーストライプ
解説 マイクロヘリンボーン柄をベースに1cm間隔でシルバーとシャドーのグラデーションストライプが入っています。 表面の凹凸感があるおしゃれな1着です。
生地NO.Z138-3472
商品名 エレクタ(秋冬)
グレー
マイクロヘリンボーン×シルバーストライプ
解説 マイクロヘリンボーン柄をベースに1cm間隔でシルバーとシャドーのグラデーションストライプが入っています。 表面の凹凸感があるおしゃれな1着です。
生地NO.Z238-6103
商品名 エレクタ(秋冬)
ブラック
マイクロヘリンボーン×シルバーストライプ
解説 マイクロヘリンボーン柄をベースに4mm間隔でブルーとシルバーのグラデーションストライプが入っています。 ブルーのラインが光の加減で浮き上がる非常におしゃれな1着です。
生地NO.Z238-6138
商品名 エレクタ(秋冬)
ブラウン
ヘリンボーン×パープルストライプ
解説 ヘリンボーン柄をベースに2.2mm間隔でパープルのストライプが入っています。 間にもダブルのパープルストライプを入れた非常におしゃれな1着です。
生地NO.Z238-5712
商品名 エレクタ(秋冬)
チャコール
シルバー×シャドーストライプ
解説 1.0mm間隔でシャドーストライプとシルバーストライプを形成している2重柄のストライプ。シルバーストライプの両側にも細いシルバーストライプが入っています。 シルバーとグレーのグラデーションを利用したオーダー生地ならではのお洒落な素材です。
生地NO.Z238-4914
商品名 エレクタ(秋冬)
ネイビー
マイクロヘリンボーン
解説 ベーシックなマイクロヘリンボーン柄。ビジネスシーンからフォーマルシーンまで幅広く使えます。
生地NO.Z138-2953
商品名 エレクタ(秋冬)
ブラック
変形マイクロストライプ
解説 マイクロストライプですが太いストライプと細ストライプが交互に入っています。
生地NO.Z238-4203
商品名 エレクタ(秋冬)
ネイビー
シャドーストライプ
解説 シャドーストライプが一番人気でしょう。
生地NO.Z038T-0115
商品名 エレクタ(秋冬)
ダークネイビー
サキソニー無地
解説 エレクターシリーズの中で最も濃いネイビー ほとんど黒と見分けるのが難しいほど濃い色です。
生地NO.Z038-0621
商品名 エレクタ(秋冬)
チャコール
サキソニー無地
解説 エレクターシリーズの中で最も濃いネイビー ほとんど黒と見分けるのが難しいほど濃い色です。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)