ゼニアの歴史(2)発展

世界中の80以上の国と地域に、555店舗(うち311店舗が直営店)もの規模で展開しているエルメネジルド・ゼニア社。しかし、これほど大きな企業でありながら、ゼニア社はその経営を親から子へ、子から孫へと引き継ぐファミリー企業であるという面も持っています。

そこでここでは、創業者エルメネジルド・ゼニアの子世代、孫世代がどのようにしてエルメネジルド・ゼニア社を発展させていったかについてお話します。
まずは、子世代の話。1960年代に入ると、ゼニア社の経営は、創業者エルメネジルド・ゼニアの息子であるアンジェロとアルドに引き継がれます。
この2人が行ったのは、経営の多角化、つまり取り扱い商品を増やすことでした。

anjeroaldo
1968年、アンジェロとアルドはイタリアのノヴァーラに新たに工場を作りました。ノヴァーラという街はあまり有名ではない街ですが、ファッションの街であるミラノの近郊に位置し、経済的にも結びつきが大きな街です。ミラノとの距離は約38km。東京から千葉が直線距離で約34kmですから、だいたいの距離感がわかるのではないでしょうか。

このノヴァーラの工場では、コート、スーツ、ジャケット、シャツやパンツのコレクションの生産が始まりました。もともとすぐれた生地であることで知られていたゼニアの生地で作られるこれらのコレクションは、すぐに高い評価を得るようになりました。
この評価を受け、2人はすぐにコレクションを国外でも販売することを決めます。まずはスペインとスイスに店舗を展開。その後、世界的な規模で販売ルートを拡大していきます。また、アクセサリーやスポーツウェアの取り扱いも始め、1972年には、パターンオーダー事業(スミズーラ)を立ち上げました。
こうして、現在のゼニアの形、つまり、原毛を直接買い付け紡績し、生地を生産し、それを使ってプレタポルテ(既製服)事業とパターンオーダー(スミズーラ)事業を行う、という形がほぼ完成しました。生産ルートだけでなく販売ルートも国際的な広がりを見せ、ミラノやパリに初の単独ブランドショップができたのもこの2人の時代です。
zegnaboutique-paris

こうして子世代が発展させた事業は、孫世代、つまり現在の経営陣へと受け継がれていきます。
現在、エルメネジルド・ゼニアの孫世代は、ゼニア社の世界的な生産・販売ネットワークをより強化させることに努めています。
特に力を入れているのが、小売事業。中でも市場としての成長が著しいBRICs諸国、つまりブラジル、ロシア、インド、中国には、ラグジュアリーブランドとしていち早く進出しています。中でも潜在的な巨大市場を抱えている中国には、他のラグジュアリーブランドに先駆けて1991年に直営店をオープンさせ、今では、各地に70以上の店舗を展開。その結果、中国はゼニアにとって最大の市場国の1つとなっています。
同時に、エルメネジルド・ゼニアの孫世代は、経営の多角化も一層進めています。
この研究室でもレポートしているように、ゼニアはスーツだけでなく、財布、ベルト、シューズ、ネクタイ(各ページにリンク)などの製品も手がけています。とはいえ、アクセサリーや小物などの分野まで、原料から生産まで自社で一貫して行うことはなかなか難しいことです。
そこでゼニア社が行っているのが買収。たとえば、2002年には、高級レザーアパレル企業の「ロンギ」ブランドを取得。同年後半には、 シューズ&レザーアクセサリービジネスを世界展開させるために、サルヴァトーレ・フェラガモ社と合弁会社「ゼフェル」を設立しています。
また、ライセンス契約をした上での商品展開も行っています。ライセンス契約とは、「エルメネジルド・ゼニア」の名前を冠した商品を生産する許可を与えることです。
ライセンス契約の例をいくつかあげましょう。香水はイヴ・サンローラン・ボーテ社とライセンス契約を結び、エルメネジルド・ゼニアの名を冠した香水「エッセンツァ・ ディ・ ゼニア」「ジー・ゼニア」「ゼニア・コロニア」などを出しています。また、サングラスやメガネフレームはイタリアのアイウェアブランド、デ・リーゴ社とのライセンス契約で生産。下着はイタリアの下着ブランドであるペロフィル社とライセンス契約を交わし、製造・販売されています。

こうしてラグジュアリーブランドとして発展してきたてきたエルメネジルド・ゼニア社は、ブランドイメージを守ることにも熱心です。特に象徴的なのが、製品そのものだけではなくそれを販売する空間づくり対する工夫でしょう。
たとえば、世界各地のグローバルストア(その国の販売の拠点となるような大型店舗)のデザインには、シャネルなどのラグジュアリーブランドの店舗を多く手がけている建築家、ピーター・マリノを起用。ブランドイメージを表現することに定評がある建築家を起用することで、ゼニアのブランドイメージを店舗の外観やインテリアからも表現し、エルメネジルド・ゼニアの世界を顧客に楽しみ、味わってもらおうとしているわけです。
さて、エルメネジルド・ゼニアが始めた事業はこのように子世代、孫世代へと受け継がれていきましたが、では、同じく彼が始めた地域貢献がどうなったかについて最後にお話しておきましょう。
エルメネジルド・ゼニアは、トリヴェロの街で生地作りを続けていくために、この街の自然を守り、地域住民と共存共栄していくために行った地域貢献についてはすでに述べました(前回、制作したページにリンク)。経営が彼から子世代に移ったあとも、この志は受け継がれています。エルメネジルド・ゼニアが作り始めた、トリヴェロとスキーリゾート地であるビエルモンテを結ぶ道路「パノラミカ・ゼニア」は、彼の子世代が完成させています。
現在の経営陣である孫世代もまた、地域貢献に熱心に取り組んでいます。1993年には、「オアジ・ゼニア(ゼニアのオアシス)」と呼ばれる自然保護地区を作り、トリヴェロの環境保護に取り組んでいます。また、2000年に創設されたゼニア財団は、世界各地の人道支援プログラムの企画・サポートに取り組んでいます。ちなみち、ゼニア財団から日本へは、東日本大震災時に義援金が寄付されています。
oasis-zegna

つまり、ゼニアファミリーは、環境を保護し、地域社会に貢献するという活動もまた、自社の発展と製品の品質向上には欠かせない、と考えているのです。ゼニア社ほどの規模の企業がファミリー企業であることに、違和感を持つ人もいることでしょう。しかし、このような創業以来の理想や経営方針を受け継ぐのに最適な者は、ゼニアの環境・地域社会への貢献活動を公私にわたって間近で見て育った者、すなわち経営者の子どもたちであるというのが、ゼニア一族の考えなのかもしれません。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)