ゼニアの歴史(1)始まり

history02_001ゼニアの公式サイトによると、現在、エルメネジルド・ゼニア社の生地・スーツを扱っている店舗は、世界中の実に80以上の国と地域に、555店舗(うち311店舗が直営店)あるとのこと。では、そんなゼニア社はどのように誕生したのでしょうか。

エルメネジルド・ゼニア社が創設されたのは、1910年。当時のゼニアは、北イタリアのアルプスの麓にあるトリヴェロという街に作られた、織機わずか4台の服地工場でしかありませんでした。創設したのは、社名にその名を残すエルメネジルド・ゼニア氏。彼は、当時はまだ18歳という若さでした。
なぜ彼のように若い人が会社を立ち上げることができたのかというと、実はゼニア家は、彼の父親の代からすでに羊毛の製職業(原毛を生地へと加工する仕事)を行っていたからです。つまり、エルメネジルド・ゼニア氏はゼロから会社を作ったのではなく、父親の事業を引き継ぎ、ちゃんとした会社組織として整えた、ということになります。

history02_002さて、エルメネジルド・ゼニア氏は、自社工場で生産される生地は「世界で最も美しい」ものでなければいけない、と考えていました。では、世界で最も美しい生地を生産するためには何が必要なのでしょうか。エルメネジルド・ゼニア氏が注目したのは「原毛」でした。
そこでエルメネジルド・ゼニア氏は、自分たちが納得できる高品質の原毛を手に入れるため、原毛を原産国から直接買い付けることにしました。
実は、服地メーカーのすべてが原毛買い付けから自社で行っているとは限りません。原毛の買い付けや紡績や染色、つまり糸への加工は専門の会社に任せ、自分たちはその糸を買い取って生地に織り上げるだけ、という形態の会社もあります。しかし、エルメネジルド・ゼニアは「ゼニア」というブランドの名前のもと、原毛から責任をもって選び、紡績し、染め、生地へと織り上げ、販売することにしたのです。ゼニア社の生地は、今でも原毛から製品まですべて一貫して自社で生産されていますが、そのシステムの原形はこのときにすでにできていたのです。(参照ページ 「糸がゼニア生地に織られていくまで」

このエルメネジルド・ゼニア氏の戦略は、まもなく功を奏します。1910年にトリヴェロに服地工場が設立されてわずか18年後、1938年にはゼニア社の生地はアメリカにまで輸出されるようになります。輸出される地域はその後も広がり、さらに7年後の1945年までには、世界40カ国以上でゼニアの生地が販売されるようになりました。
このように、会社設立からわずか二十数年あまりで会社を大きく成長させたエルメネジルド・ゼニア氏。彼は現在のゼニア社の高品質な生地づくりの基礎を作ったわけですが、実はもう1つ、ゼニア社のある活動の基礎を作っています。それが「地域貢献」です。
地域貢献について詳しく説明する前に、ゼニアの工場が置かれたトリヴェロの街について少し説明しましょう。トリヴェロは、北イタリア、アルプスの近くに位置する街です。この周辺は、ゼニア社を初め多くの繊維工場が集まっていることで知られています。

なぜ、トリヴェロ周辺は繊維工場が多いのでしょうか。その理由は、「水」にあります。トリヴェロの近くにはアルプス山脈があり、豊富に水が湧いています。この水が、繊維の加工に重要な役割を果たすのです。
「水」と一言でいっても、その種類は大きく2つに分かれます。簡単に言うと、ミネラル成分が多い「硬水」と少ない「軟水」です。生地を作る際には、このうち「軟水」、それも天然の軟水が適しています。(参照ページ 「水の品質とエルメネジルド・ゼニア生地の品質のかかわりについて」

ゼニア社の工場が置かれたトリヴェロは、アルプスの麓にあります。アルプスの湧き水は特にミネラル成分が少ない超軟水。超軟水を使うことで、原毛が持つ自然な柔らかさや生地の風合いがより引き出され、さらに耐久性も高くなります。
つまり、エルメネジルド・ゼニア氏が目指した「世界で最も美しい」生地の生産は、ゼニア社が独自に仕入れる最高級の原毛と、その良さを最大限に引き出すトリヴェロの水が合わさって初めて可能になるのです。
このことを、エルメネジルド・ゼニア氏はよく理解していました。生地づくりに適したトリヴェロで生地を作り続けていくためには、トリヴェロ周辺の自然を維持し、自社の従業員だけでなくトリヴェロのすべての住民に利益を還元しなければいけない。彼はそう考えたのです。

この信念のもと、エルメネジルド・ゼニア氏はさまざまな社会事業を行いました。エルメネジルド・ゼニアによって整えられたトリヴェロの公的施設は、集会場、図書館、体育館、映画館・劇場、公営プール、医療センターや保育園などがあげられます。
また、地域の環境と景観の保全にも力を入れました。何千本もの植樹を行い、工場があるトリヴェロと、近郊のリゾート地ビエルモンテを結ぶ14キロメートルの道路を整備。ビエルモンテを結ぶ道路はゼニアにちなみ「パノラミカ・ゼニア」と名付けられ、今でもその美しい眺望で有名です。
このようにして、エルメネジルド・ゼニア氏は事業と地域貢献にその才能を発揮したわけですが、彼のこの信念はその後も受け継がれています。今でも、ゼニア社は原毛の買い付け、生産、加工、販売までを行い、原毛や製品の品質、加工技術の向上を行っています。たとえば、優れた原毛の生産者を表彰するトロフィー制度を設け、原毛の品質向上に努めています。また、加工技術については、夏でも涼しく着られる「クールエフェクト」、やしわに強い「トラベラー」などの機能性も高い生地を開発しています。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)