> ゼニア徹底考察 > ゼニアのトロフィー制度について

ゼニアのトロフィー制度について

より上質の原毛を対象に贈られる、ゼニアのトロフィー制度

ゼニアの生地は、一部のシルク混紡生地を除いて、すべて天然のウールを原料としています。そのため、ゼニアの高いクオリティを保つには、高品質の原毛を確保しておく必要があります。

「より上質の原毛を生産する」という生産者の意欲を高めるために、ゼニアでは「トロフィー制度」を行なっています。これは、品質の高い原毛を生産した生産者をその年ごとに選び、称える制度です。

原毛の質の評価においては、「繊維の細さ」が特に重視されますが、他にも、強さ、長さ、白さなどの要素を加味した上で、最終的な評価が決まります。

ウール、カシミア、モヘアなど複数の対象に対して表彰を行なうゼニアのトロフィー制度。中でも、最も長い歴史を持ち、ゼニアのトロフィー制度の代表格とも言えるのは、最高品質の羊毛に対して贈られる「エルメネジルド ゼニア エキストラファイン ウール トロフィー」です。

trophy01

2013年、「エルメネジルド ゼニア エキストラファインウール トロフィー」の1位を獲得したのは、繊維の細さが11.5ミクロン級の原毛。通常、一般の衣料品に使われるウールの原毛は約20〜30ミクロン、既製服のスーツでは約20〜23ミクロン、ゼニアの「トロフェオ」では約16ミクロンとなっており、これらの数値と比べても、1位の原毛の繊維がいかに細いかがわかります。

しかし実際は、原毛の細さに関して言えば、2位や3位の原毛のほうが1位のものより細いものだったのです。それでも1位に選ばれたのは、その他の要素(強さ、白さなど)を総合的に判断して、最も優れた品質であると認められたからでした。

エルメネジルド ゼニア エキストラファイン ウール トロフィーについて

ここで、「エルメネジルド ゼニア エキストラファイン ウール トロフィー」の誕生からその経過について、少し触れておきましょう。

1963年、「エルメネジルド ゼニア エキストラファイン ウール トロフィー」が創設された当時は、タスマニア島で生産された羊毛のみが評価の対象になっていました。

オーストラリアの東南にある、北海道の8割程度の大きさの島、タスマニア島。なぜこの島で生産された羊毛だけが、最初のトロフィーの対象になったのでしょうか。

trophy02

タスマニア島の起伏に富んだ地形は、特に高品質の羊毛が取れることで有名な「メリノ種」という羊の飼育に最適と言われています。タスマニア島で取れる「エキストラファイン・ウール」の繊維は平均直径17.5ミクロン以下と非常に細く、一般的なウール製品に使われる原毛の約3分の2程度の細さです。タスマニア原産の羊毛は繊維がとてもやわらかい上に強いという特徴を備えていますが、その生産量はオーストラリア全体の3%ほどに過ぎません。最高品質を誇るタスマニア原産の羊毛は、希少価値の高いものでもあるのです。こうした状況から、より上質な原毛を追求しているゼニアとしては、タスマニアをトロフィー創設の地に選ぶことはごく自然な流れだったとも言えるでしょう。

1980年以降、「エルメネジルド ゼニア エキストラファイン ウール トロフィー」の対象は、オーストラリア全域で生産される原毛へと拡大されました。対象地域を広げることで、より優れた原毛とその生産者を確保したいとのゼニアの意向によるものと推測されます。

trophy03

オーストラリア全域に対象地域を広げたことで、より質の高い原毛が集まるようになり、評価の最重要要素である繊維の細さをめぐって競争が激化していきました。2002年に創設された「エルメネジルド ゼニア ヴェリュス・オウレウム トロフィー」(黄金の羊毛賞)は、繊維の平均直径13.9ミクロン以下の非常に細い羊毛を対象とするもの。翌年、「エルメネジルド ゼニア ヴェリュス・オウレウム インターナショナル トロフィー」に名称を変更したこの賞では、オーストラリアに加えてニュージーランド原産の羊毛も出品できることになりました。

trophy04

すなわち現在、ゼニアのトロフィー制度としては、「エルメネジルド ゼニア エキストラファイン ウール トロフィー(オーストラリア原産の羊毛が対象)」、「エルメネジルド ゼニア ヴェリュス・オウレウム インターナショナル トロフィー(オーストラリアおよびニュージーランド原産の原毛で、繊維の平均直径13.9ミクロン以下のものが対象)」の2つが存在するということになります。

ゼニアのトロフィー制度は、羊毛以外でゼニアの生地に使用される天然毛についても設けられています。

エルメネジルド ゼニア カシミア トロフィーについて

「エルメネジルド ゼニア カシミア トロフィー」は、カシミア山羊の原毛を対象とした賞です。

中国内陸部、モンゴル、チベット、ネパールなどで飼われているカシミア山羊。寒冷地域で育つカシミア山羊の体は、表面に生えている毛だけでなく、細くてやわらかい産毛に覆われています。「カシミア」は、大きな櫛でこのやわらかい産毛を梳いて収穫したもの。

特に「中国・内モンゴル自治区」で生産されるカシミアは良質のものとして評価されています。

カシミアは、原毛の色によって、ホワイト・グレー・ライトブラウン・ブラウンの4種類に大別されます。中でも、ホワイトカシミアは染色が容易な上に発色に優れていることから、最高級のカシミアとされています。

中国・内モンゴル自治区で産出されるのは、主にこのホワイトカシミアです。繊維は12〜14ミクロンの細さ。他の地域の原毛と比べると、その繊細さが際立ちます。

ゼニアでは、最高品質のカシミアの生産地である中国・内モンゴル自治区の地で、「エルメネジルド ゼニア カシミア トロフィー」を立ち上げました。1985年と1986年に開催された後は中断されており、ゼニアでは公式サイト上で「政治的な理由」とだけ説明していますが、中国の国内事情によるものと推測されます。

エルメネジルド ゼニア モヘア トロフィーについて

trophy05

アンゴラ種の山羊の毛は「モヘア」と呼ばれており、中でも生後6ヵ月までに刈り取られた原毛から取れる「キッドモヘア」は特に上質なモヘアとして知られています。繊維の平均直径27〜30ミクロンのキッドモヘアは、透け感のある白い色と美しい光沢が特徴。弾力に富む繊維なので、さらっとした手触りでシワになりにくい安定した生地を作ることができます。

特に南アフリカでは、豊かな光沢感、汚れのつきにくさ、均質性を兼ね備えた優れたキッドモヘアを産出しています。そこでゼニアでは、モヘアの原毛を対象とする「エルメネジルド ゼニア モヘア トロフィー」をこの地で開催しました。

今では、生産者の意欲を高める目的で同様のトロフィー制度を設けるメーカーも少なくありませんが、ゼニアは他のメーカーに先駆けて原毛を評価するトロフィー制度を開催しました。これは早い時期から、より上質の原毛を確保するために生産者とのつながりを強化しようとしていたゼニアの姿勢をあらわしていると言えるでしょう。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)