> ゼニアFAQ > ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?

ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?

Q:ゼニアのスーツを直営店が仕立てると、50万円以上するという話を聞きました。しかし、直営店以外で仕立てると、もっと安く、価格もさまざまであると聞きました。なぜ、こんなに値段が違うのでしょうか。ゼニアのオーダースーツの適正な価格というものは、いくらくらいなのでしょうか?

A:ゼニアスーツの価格を決める要素

まず、「ゼニアスーツの価格は何で決まるか」ということから考えてみましょう。
直営店の場合は、「ゼニアの直営店」というステータス自体が価格に大きく影響していると考えられます。具体的に数字で表すことはできませんが、「ブランドの直営店(で仕立てる)」という付加価値が、仕立て価格にも大きく反映されていることは間違いないでしょう。
では、直営店以外のテーラーの場合はどうかというと、一般的には、オーダースーツの価格を決めるのは、主に2つ。「生地」と「仕立て」です。当たり前のことですが、よい生地を使った、よい仕立てのスーツの価格は高くなります。
ゼニアスーツなら、使われている生地は同じゼニアの生地です。もちろん生地ごとに値段は違いますが、それだけで大きな差が出ることはありません。よって、値段の差は主に「仕立て方法」の違いからくると考えられます。
そこで、仕立ての違いを詳しく説明します。
ひとことで「オーダースーツ」と言っても、その仕立て方には3つの方法があります。「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」です。

「パターンオーダー」は、既製の見本服(ゲージ服)の中から一番近いサイズのものを選んで、その型紙をもとに丈などの長さを調整して作ります。
「イージーオーダー」は、あらかじめ用意されている100~150種類ほどの型紙の中から一番近いサイズのものを使い、スーツを仕立てます。
「フルオーダー」は、お客様のサイズを採寸し、それをもとにイチから型紙を作ってスーツを仕立てます。

仕立て方が変われば、仕立てにかかる手間や時間も変わります。
たとえば、イージーオーダー(マシンオーダーと呼ぶテーラーもあります)で仕立てる場合、完成までにかかる工程数は170~180、時間にすると約300分間程度の時間がかかります。
同じイージーオーダーでも、仮縫い付きになれば、仮縫いとその後の型紙修正、補正裁断などの作業が増え、最終的な工程数は約280前後、時間にして約450分間がかかります。
フルオーダーの場合は、型紙をイチから作ることになるので、工程は全部で約550、時間にして実に3,000分間と、マシンオーダーの3倍以上の手間、約10倍の時間をかけて仕立てなければいけません。さらに、お台場仕立てや本切羽といった仕立てを付加すれば、さらにこれ以上の手間と時間がかかります。

ゼニアスーツの価格を決めるその他の要素

生地や仕立て方法以外では、生地以外の素材も、スーツの価格を左右します。
faq006
生地以外の素材として、スーツのシルエットを維持するのに重要なパーツのひとつである芯地を例に説明しましょう。
芯地には、フェルト、麻、綿、羊毛のほか、馬やキャメルの尻尾の毛を用いた毛芯など、いくつか種類があります。
スーツの芯地に最適なものとしては、馬の尻尾を使った「バス芯」が挙げられます。馬の尻尾には適度なハリがあるため、生地の柔らかさを損なうことなく、シルエットを維持することができるのです。
ゼニアのような繊細な原毛を使った生地は、非常に柔らかいことが特徴です。この風合いを損なうことなく、かつ型崩れなく仕立てるためには、バス芯を使うのが望ましいのですが、バス芯は高価で、縫い付ける手間もかかります。バス芯をスーツ地に手縫いで縫い付けるには約1800針縫わなければいけません。
また、複数の芯地を組み合わせる場合は、あらかじめ芯地同士を重ね、縫い合わせておく、という作業も必要になります。

このように、同じ価格のゼニアの生地を使って、同じテーラーでオーダースーツを仕立てても、仕立てる方法や使用する素材が異なれば、仕立て価格も異なるので、一概に「ゼニアのオーダースーツの適正な価格はいくらである」という答えはありません。
素材や着心地、予算、完成までのスケジュールなどをしっかり吟味したうえで、自分にとって最適なゼニアスーツをオーダーされるのがよいでしょう。

サイト内検索

エルメネジルド・ゼニア入門
ゼニアの歴史(2)発展
ゼニアの歴史(1)始まり
日本の中のゼニアスーツの歴史
ゼニアのレーベル
ゼニアの生地エレクタミルド
ゼニアの生地トロフェオミルド
ゼニアの生地 トロフェオ600
ゼニアの生地トロフェオカシミヤ
ゼニアの生地ミルミル15
ゼニアの生地トロフェオ(春夏)
ゼニアの生地トロフェオ
ゼニアの生地トロピカル
ゼニアの生地トラベラー
ゼニアの生地ソルテックス
ゼニアの生地クールエフェクト
ゼニアの生地SHANG
ゼニアの生地エレクタ
ゼニア徹底考察
糸がゼニア生地に織られていくまで
ゼニアスーツの裏地について
イタリア生地の特徴とその中でのエルメネジルド ゼニアの位置づけ
ゼニア生地における既製品用とオーダー用の選別の仕方
水の品質とエルメネジルド ゼニア生地の品質のかかわりについて
ゼニア生地のトロピカルは本当にダメな素材なのか
ゼニアスーツの黒ラベルについて
ウール(羊毛)が衣類に多く使われる理由
ゼニアはなぜスーパー表示を行わないか
ゼニアスーツの青ラベル、赤ラベルについて
ゼニアスーツのスミズーラは半既製品ではないのか
ゼニアスーツのシルエットについて
ゼニアのトロフィー制度について
エルメネジルド・ゼニアとは
ゼニアのアイテム
ゼニアのシャツ
ゼニアの財布
ゼニアのベルト
ゼニアの靴
ゼニアのネクタイ
ゼニアFAQ
ゼニアスーツの生地をバンチブックで選ぶのはNG?
ゼニアスーツの生地の選び方
ゼニアのアニオナとは?
ゼニアスーツのストライプの特長とは?
格安のゼニアスーツについて
ゼニアのオーダースーツの適正な価格は?
ゼニア生地の並行輸入品とは?
ゼニアの生地の耐久性について
ゼニアリンク集
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗
ゼニアオーダースーツ専門店榮屋本舗facebookページ
メンズオーダーフォーマルスーツ専門店NOBLEC
メンズオーダーコート専門店GAITO
ハンドメイドオーダースーツ専門店ブラックレーベル
メンズオーダージャケット&パンツ専門店ジャッカ
お仕立て券
「できる男の着こなし術」プレゼント

サイト運営者のご紹介

ゼニア・ダンヒル専門オーダースーツの榮屋本舗 東京駅店店長の前田です。
皆様の「知りたい」に応えます!

榮屋本舗 銀座店
03-3289-5764
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 東京駅店
03-5204-0640
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)
榮屋本舗 新宿店
03-3341-3335
平日11:00〜19:00
土日祝10:00〜18:00(年中無休)